ドラマ&VODを味わい尽くす!

パエトク

あさが来た あさが来た感想あらすじ

あさが来た 80話「あんたのことを思うているからや!」

投稿日:

加野屋の前に、ついにふゆの縁談相手登場!
意外と普通……ですねえ。悪い人ではなさそうですが。

その頃亀助は、ふゆに気持ちを確かめます。

親が決めた縁談に従うと頑ななふゆに対し、亀助は、本当は思い人がいるのではないかと問いかけます。

これにふゆが怒ります。
なぜ封印した恋心を抉るのか、決心をぐらつかせるのか。

ふゆは「なんでだす!」とあさの口癖を言い、亀助に言い返します。
穏やかな彼女には珍しく、亀助をいけずと言います。

亀助はここで「あんたのことを思うているからや!」とたまらず叫んでしまいます。
なのに、「わてはあんたのお兄ちゃんやさかい」と濁してしまい……つくづく不器用な男ですなあ。ああ〜じれったい。

スポンサーリンク

ふゆの父・日野彦三郎が縁談相手を連れて加野屋に

新次郎は正月の挨拶回りをして千鳥足です。

玉木さんの酔っ払い演技がうまいです。
榮三郎は「いちいち飲まなくていい、名札を置いて回ってくるだけだろう」と呆れています。

ここで兄をたしなめるだけではなく、体調を気遣うのが榮三郎の優しい性格です。

午後から寄合所の新年の挨拶に行こうと誘うあさと榮三郎ですが、新次郎はどうでもええわと断ってしまいます。

そこにふゆの父・日野彦三郎が縁談相手の山本を連れて加野屋にやってきます。

縁談相手よりこの彦三郎が強烈な性格のようで、炭坑に手を出して失敗した加野屋が、まだ傾いていなかったのかとかなんとか大声で言います。
あさに聞こえていますよ。

スポンサーリンク

いよいよ切羽詰まって動揺する亀助

中に入った彦三郎は、初対面でありながらズケズケと喋ります。

どうにも口が滑るようで、ふゆは出来が悪いだの、犬猫の方がマシだったくらいだと言ってしまいます。
ちょっとここまでくると、謙遜ではないですね。

そこへふゆ本人がやって来ます。ふゆは父親に似なくて本当によかったです。

新次郎は早速結果を亀助に報告。
ふゆの父は強烈だけど、山本はなかなかいい男だとのこと。

よのは小正月には嫁に出すつもりだと言うと、それまで冷静にしていた亀助も動揺を見せます。

ここで逃げずに手を止めて考えてみなはれ、とけしかける新次郎。
もう時間がありませんよ!!

スポンサーリンク

意識しているの五代だけ?

寄合所に榮三郎と出かけたあさは、五代と再会します。

五代は親友大久保利通の死から立ち直り、大阪商法会議所(現在の大阪商工会議所)を立ち上げて大活躍しています。

大阪での五代の活躍が本格化してきましたね。
五代はここでぱーっと飲みに行こうと誘い、美和のレストランに皆で繰り出します。

しみじみと美味そうにビールを飲む榮三郎。
ビールはスモーキーフレーバーのウイスキーと違って、日本人にもすんなり受け入れられたんですかね。

ここで注目したいのが、美和の明治ルックです。
着物姿でも江戸時代とは違い、カラフルな半襟と派手な柄が鮮やかですよね。

メイクもどことなく変わっています。まるで竹下夢二の美人画のような色気を感じます。いいですねえ!

酒ではなく紅茶を飲むあさに、五代が話しかけます。
あさは酔態を、五代は抱きついたことを互いに詫びます。

別にやましいことはないけれど、秘密を共有するというだけで何かこう、どぎまぎさせる効果があるようで(ただし意識しているのは五代だけっぽい)。

あさは商法会議所の会員が三百名を超えたことを称えます。
そこで五代、自分一人ではなく立役者がいたと明かします。

さて、その立役者の正体は?

※大河ドラマも朝ドラもU-NEXTならスグ見れる!
スマホでもOKです。

文:武者震之助
絵:小久ヒロ

※レビューの過去記事は『あさが来た感想』からお選びください

スポンサーリンク

あさが来たモデル広岡浅子と、五代友厚についてもリンク先に伝記がございます

動画配信サービス
主要7社ぜんぶ入ってみました
当サイトのリポートです


【参考】
連続テレビ小説 あさが来た 完全版 ブルーレイBOX1 [Blu-ray]→amazon link

 

-あさが来た, あさが来た感想あらすじ

Copyright© パエトク , 2019 All Rights Reserved.