ドラマ&VODを味わい尽くす!

パエトク

なつぞら感想あらすじ なつぞら

なつぞら8話 感想あらすじ視聴率(4/9)「内向性」の描く世界

更新日:

【第8話の視聴率は22.1%でした】
なつぞら感想あらすじ
なつぞら全視聴率

おはようございます。

コメント欄、全部返せなくてすみません。

書店に立ち寄りまして『なつぞら』本も注目されているなぁ〜と思ったら……なんか山積みになっているんです。
****メモリアルブック。

大量にばらまいて残っているのか。
あるいは今後の需要の見込みがまだあるのか。

って、もう、あの名前を言ってはいけない作品のことは忘れますね。
提灯もそろそろ消えるでしょう。

というか、コチラも悪口を言っている自覚はなく、単に分析をしていただけなんですが、ハタから見たら関係ないですしね。
作品としての比較のため、文中に少しでることはあるかもしれませんが、基本は、永遠にサヨナラっす!

SAYONARA♪

スポンサーリンク

逃げたあの子を救いたい!

なつは、やはり警察署から逃亡しておりました。

「なして逃げたんですか!」

戸惑う柴田家の面々。
施設送りを嫌がったのだと説明が入ります。

児童を施設に送り込む【狩り込み】は、まるで野良犬を街から追い払うが如く、子供の保護という観点よりも、街の美化と復興のために行われるものでした。

日本以外のストリートチルドレンや難民の子供たちも、そうしたことをされてきものです。
オリンピックのようなイベントは、そうした子供や家のない人を追い込む名目になることも、よくありました。

こういう人たちを救うため取り組みは、何なのか?
2019年の現在、世界では違ってきています。

『ボブという名の猫』という映画と、その原作本があります。
この主役である人と猫は、ストリートで暮らしています。

彼らは追い詰められて縮こまって生きているだけかというと、そうではない。
「ホームレス」の主人公でありながら、保護されて家屋を用意されます。しかも、猫の飼育もできる。

猫のワクチンといった獣医師にかかる費用、人間の麻薬中毒から回復するための費用も出ています。
誇りを持って、復活を目指して生きているのです。

こういう弱った人を助けることは、決して無駄なことではありません。

『ハリー・ポッター』の著者であるJ・K・ローリングも、かつては国の保護で暮らすシングルマザーでした。
そんな中、あの傑作を世に送り出したのです。

困っている誰かや何かを助けること。
それは決して無駄なことではないと、本作を通して伝わればよいと思います。

ただし、ここで警察を責めるな、というのもそれは仕方のないことです。

「そもそも家から逃げ出したんだべ」と反論されていまいました。

スポンサーリンク

子供の足で移動できる範囲を絞れ

このあと、柴田一家は「雪月」に来ます。

「逃げ足の速い子だねー」

本当にとよババアは、口が悪い!

こんだけポンポンときつい言葉が出てくるのって、薫を通り越して昌幸クラスじゃないか、と思います。

それにしても高畑淳子さんの演技力は、すごいですね。
薫の時は公家の姫君出身(※ある意味自称)らしかったものですが、今は完全に開拓者一世ババアです。

それだけ逃げ足が速いとなると、近所にいないんじゃないかと言い出すとよ。
あまりの姑の口の悪さを、そっと妙子がたしなめています。

この人も、言われっぱなしの弱い嫁ではないのでしょう。
まぁ、これが姑なら鍛えられますよね。

ここで息子の雪次郎が帰宅し、夕見子ちゃんが逃げたのかと誤解します。

「バーカ!」

孫相手にそう言い切るとよ。
逃げたのはなっちゃん、こっちが本物の夕見子ちゃんだと示します。

バーカ?
孫相手にいきなりバーカ?

孫相手にメロメロとか、そういうチョロい人じゃない。
強い。強すぎねえか!

それに、この人はクソババアと呼ばれたくないなんて思っていないのです。
クソババア上等だ、その通りだと堂々と生きているのです。自信満々なんです。

「あっ、なっちゃんよりめんこい(可愛い)」
「知っとる」

夕見子よ……。とよだけでなく、孫世代も強いやないか!
彼女の服装からして、めんこく見えるように自分なりに考えているのでしょう。

聡明なこの私が考え抜いためんこさが、通じないわけないでしょ。あんな野生児よりめんこくて当然なのよ!
そういう気高さを感じます。

昨日も指摘しましたが、これはマウンティング心理というより、自信ですね。

ナゼ、女性は容姿を褒められたとき、
「そんなことないですぅ〜」
という謙遜を求められるのか。

自信満々だとコントロールできない。そう相手に思わせてしまうから。
それはモテないのよ、と刷り込まれるから。

富士子は違う。夕見子も違う。
とよの年代から、夕見子まで、本作に出てくる北海道の女は強いのです。

スポンサーリンク

孤児院のきょうだい

ここでなつの心理として、孤児院の兄への思いが語られます。
考え込む泰樹。

本作は、考えに考え抜かれて作られています。
昨日、孤児院で何があったか到達する手前で終わり、今週で回収します。雑な一週区切り&無理矢理解決ローテーションもやらないでしょう。

戦争で特別な絆が生まれた、そんな兄と妹について語り出す剛男。

浅草の孤児院で、きょうだいに出会ったことが語られます。

ずっと戦友の遺児を探し回り、やっと見つけたのです。浅草周辺あたりまでは絞れても、大変であったことでしょう。
一番下の千遥は、すでに親戚に預けられて孤児院にはおりません。まだ小さな妹だけは連れて行かれたのです。

孤児の辛いところ。
それはこうした別れなのです。

皆生活が苦しい中、きょうだいまとめて引き取る余裕はない。
労働力になるか、懐くか。そういう値踏みをされてしまいます。

『火垂るの墓』にしたってそうでしょう。
あれがもし、きょうだい一人だけならば死なずに済んだかもしれません。きょうだいを見捨てられないこと。それが悲劇の原因となり得ました。

ここで咲太郎は、稼ぎも孤児院に取られたと悔しがります。

「ちくしょう!」

「お兄ちゃん、大丈夫だよ。千遥は幸せに暮らしているよ。ここにいるよりずっといいよ」

そんな兄を慰めるなつ。
そこには確かに、絆がありました。

「何の用ですか?」

そう問われ、剛男は検閲の入っていない、本当の手紙を渡します。

父はそこにいる

先日も予告編を紹介した『硫黄島からの手紙』。

タイトルにもなった、兵士の手紙が感動的に蘇るシーンがありました。

死んでしまった人間は消えない。
手紙や作品を通して蘇る。そんな場面でした。

きょうだいの父は、その画才で人気があったと剛男が語ります。

明るくて、面白い。
嫌な上官の似顔絵を描いて、兵士の顔に束の間の笑顔を取り戻した。
戦友家族の特徴を聞いて、その似顔絵を描いていたこと。画才とその性格で、愛されるムードメーカーであったと伝わって来ます。

画才はなつ、明るい性格は咲太郎。
父は、子供たちの中で生きているのだとわかります。

「どうもありがとうございました!」

そう頭を下げる咲太郎。
ここが圧巻なのは、演技のすばらしさゆえでしょう。

それまでの咲太郎には、大人や世の中に対する不信感がありました。剛男を信じていいのか、疑っていたのです。
それが手紙を読み、純粋な彼の姿にまで戻ったのです。

そんなきょうだいに、剛男は北海道へ来ないかと誘いをかけます。

広い北海道に来ないか――。

何かあったらお互い助け合う。剛男は、そんな戦友との約束を果たそうとするのです。

心震わされた視聴者さんも、できれば現地へ行った方がいいです。
地震からの復興にもつながります。

十勝もいいけど「開拓の村」もいいですよ。
柴田家が、いかに開拓者の住居そのままなのか。バッチリ確認できます!

※編集注
石狩当別町に行けば伊達家開拓団の記念館もあるよ、小さいけど( ^ω^)

明治時代の北海道開拓はとにかく過酷~戦争敗者、屯田兵、元新選組、囚人、そしてヒグマ

こっちは札幌在住、北海道民ブロガーさんの十勝情報だよ!

帯広・十勝旅行 私のおすすめグルメ・スイーツ・観光スポット12選

 

迎えに行くまで待っていてくれ

このあとの会話はありません。
剛男が、トボトボと一人で帰ろうとするということは、断ったのでしょう。

スポンサーリンク

しかし、咲太郎が一人で追いかけてきました。
※続きは次ページへ

動画配信サービス
主要7社ぜんぶ入ってみました
当サイトのリポートです


次のページへ >

-なつぞら感想あらすじ, なつぞら

Copyright© パエトク , 2019 All Rights Reserved.