半分、青い。2話あらすじ感想(4/3)脇役の個性、衣装や雰囲気に安心感

1971年、昭和45年。
それは、団塊ジュニアたちが生まれたころ。

のんびりとした田舎町、岐阜県東美濃市を舞台に、ドラマが始まります。

 

スポンサーリンク

待合室にはおっとりした妊婦も

出産で額に脂汗をにじませ、のたうち回るのは楡野晴(にれのはる・松雪泰子さん)
胎内で臍の緒が巻き付いてしまっているのが、ヒロイン(誕生前!)でした。

このままでは帝王切開も視野に入れる、と告げる貴美香先生(余貴美子さん)。

晴は、
「お腹に傷残っちゃう? ビキニ着られないの?」
と不安そうです。

ヒロインは「私の命よりお腹の傷ですか!」と不満げですけれども。
体に刃物を入れるのは大変なことですからね。そこは労りましょう。無事に産まれてくるのが一番です。

一方、待合室にはおっとりした妊婦がいます。
萩尾家の和子さん(原田知世さん)です。

手にしているのはシンディ・アイズという女流推理作家の文庫本です。
推理小説のトリックをばらしたうえに、登場人物名が覚えられないとぼやく和子さん。

いやぁ、これは天然系でほのぼのします。
「あれ、痛い? ま、いっか」
と、和子は超安産のようです。

 

スポンサーリンク

「宇太郎時は安産だった」と地雷を踏んで

宇太郎は両親に電話します。

母の廉子(れんこ・風吹ジュンさん)は
「おじいちゃんに似て、子供の頭が大きくないといいのになぁ」
としつこく繰り返し、仙吉さん(中村雅俊さん)をムッとさせます。

中村雅俊さんの祖父って、独特ですよね。
朝ドラにありがちな頑固親父ではなくて、軽妙なさわやか系で。
今日も奥さんのことを「廉子さん」とさん付けです。まぁ、ちょっと口喧嘩のときには「お前」とおっしゃってましたが。

「宇太郎の出産の時は安産だったなあ」
と、昭和あるあるな地雷を踏む仙吉さん。

実はこのとき仙吉は、出産が大変だというのに飲み歩いていて、次の次の日まで帰って来ていない――と廉子さんから反撃されます。
このヒロイン祖父母もいい味出ているなぁ。

風吹ジュンさんは、おっとり系でもピシッとした性格でも、どちらも演じるのが本当にお上手ですよね。

二人は神棚に手を合わせす。
「ご先祖様頼みます」
そうボケる仙吉に対して、廉子は「神棚だから先祖ではない」と突っ込みます。

祈っていても仕方ない、もう見に行くかと決める二人です。

 

スポンサーリンク

やっと出てきたヒロイン!お猿みたいって……

一方、待合室の和子は誰もいない中でいよいよ生まれそうな気配に!

『コウノトリ』あたりと比べると、なんともユル~い産婦人科模様ですが、当時の田舎だとこんなテンポなんですかね。

晴に対して、きみか先生は宣言します。
「さぁ、女3人の戦いだよ!」

超音波診断はない当時ですが、貴美香先生は女と判断したようです。
「1、2、3、ハイー!」
と、いきむ晴。

一方、破水どころか赤ちゃんが出てきたっぽい和子は、パーティションで隠した待合室で生むことになります。
結果、和子の方が早く産まれるのでした。

そして陣痛ラストスパートをかけた晴も、ついに出産!
胎児CGではなくてやっとヒロインが出てきました。

「なんだか猿みたい」
と、ありがちな台詞を言う晴。まぁ、新生児ってそういうもんですけど、率直に言葉を出す性格なんでしょうね。
松雪さんだと嫌味なく受け入れられて、見ている方もクスッとしてしまいます。

ヒロインは感動の対面を果たして世界を見た、ということになります。
新生児の視力云々の突っ込みはやめときましょう。
心の目、心眼というやつです。

ここでヒロイン、横たえられたベッドの隣にいたのは、和子の生んだばかりの男児でした。
猿ではなく既にイケメンらしいこの男児。
そりゃあ将来が佐藤健さんだし、お父さんは谷原章介さんだもんなあ。

 

今日のマトメ「脇役や雰囲気に安心感」

まずは出産おめでとうございます。
現代から見ると何ともユルユルな産婦人科模様。当時の田舎町らしいテンポが出ています。

今日よかったのは、廉子と仙吉のやりとりですね。
こういう夫婦の、長年連れ添った感のある会話は、ここ半年間朝ドラで出てきませんでした。
ボケと突っ込み、歳月の重み、性格が出ていてなかなか楽しめました。

確実に前作よりも上なのは(ま、最低ラインですけど)、2話の時点で脇役の個性が出ているところです。

前述の廉子さん&仙吉さん、おっとり天然和子さん、豪快でちょっと大ざっぱぽい貴美香先生。
今日は出なかったけどギラギラした西園寺満。
このへんは安定感は抜群ですね。

新生児ヒロインの性格付けをしようとしたり、運命の出会いを演出したり、そこはちょっとやり過ぎかもしれません。
ただ、朝ドラはヒロインあってのものですから仕方ないところでしょう。

昨日も書きましたが、美術や衣装センスもいいなあ、と思っています。
楡野食堂の雰囲気、田舎の食堂あるあるですよね。

長距離バスの運転手さんや、作業着姿で首にタオルかけたお兄さんたちが、テレビを見ながら定食やカツ丼を食べている、そういう雰囲気が出ています。
カレンダーは日めくりか、近所の信用金庫から貰った一年もののやつ。
そういうあるある感が妙に納得なのです。

産婦人科も、薬品臭さが漂ってきそうな、なつかしさを感じました。
ドアの色が綺麗だったりして、オーナーの貴美香先生の趣味なんでしょうね。

生活感と人物の個性は押さえています。
この調子をキープしてくれたら、とりあえずノスタルジックなつかみはOKだ!

編集さんは、
「サル顔と言われた赤ちゃんの本物のご両親が可哀想だなぁ」
と懸念しておりましたが、まぁ、ほとんどの赤ちゃんがそうですしね。
しばし肩の力を抜いて楽しみたいと思います。

著:武者震之助
絵:小久ヒロ

スポンサーリンク

【参考】
NHK公式サイト

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA