ドラマ&VODを味わい尽くす!

パエトク

まんぷく感想あらすじ まんぷく

まんぷく 6話 感想あらすじ視聴率(10/6)日米開戦でコクる馬鹿

更新日:

まず、謝らなければならないことがあります。

それは再放送中の『べっぴんさん』です。
今日は、昭和17年(1942年)のとある場面。潔がバイクを乗り回すところを見たすみれ。

燃料は御国のために使えと言われるのでは?とすみれは潔に語りかけるのです。

潔は、そんな風に何もかも国に捧げる時勢に反発し、バイクを乗り回していたのでした。
う~~~~~~ん、切ない、美しい!

ロケ撮影の美しさ、憂いを帯びた登場人物の顔。
何がスゴイって、今日放映された本作と『べっぴんさん』はほぼ同時代を描いているってことです。

実は、この感慨は大河でも味わいました。

佳作以上だとは思いつつも、粗や時代考証ミスも時に見られた『八重の桜』。
あの作品を見返した時、あまりの出来の良さに土下座したくなったのは、『花燃ゆ』と『西郷どん』と比較したおかげでした。

本作『まんぷく』の良いところがあるとすれば、今までの朝ドラがいかに素晴らしいものであったかを再認識させてくれる点でしょう。

『べっぴんさん』のあと、過剰にドジっ子キャラを作ったヒロインが、森の中や海岸で動き回る本作へ。

【第6話の視聴率は20.3%でした】

 

スポンサーリンク

大山鳴動してデート話一匹

そのオープニングからして、なんだかおかしいんですよね。
こんな人気のない場所で、ブリッコキャラ炸裂させた動きは何が言いたいのやら。

リラックスして思わずそうなってしまった――と言うには動きを作りすぎです。
歌詞も、尽くす女房の心情告白みたい。演歌ですか、と突っ込みたくなってしまう……。

さて、咲の具合が悪いと知った福子(まんぷく立花福子モデル安藤仁子)は、見舞いに向かいます。
ここの福子もなあ、21歳にもなって手ぶらかーーーい!!

真一が帰宅したあと、粥を作ろうと言い出し、咲はろくに食事をしていなかったと判明します。
真一もこの年代の日本人男性なのに、お粥を台所でテキパキと作れるって……考証的にどうなんです?

一方では、21歳にもなって、病気の姉の空腹すら気遣えないですし。

咲も咲で、病気のわりには綺麗な顔色でメイクもヘアスタイルもバッチリ。時々繰り返すわざとらしい咳ぐらいのもんでしょう、病人らしいところは。

しっかし、一体なんのシーンだったんだ?

この場面で意味ありそうなところって、福子が咲に
「デートする相手もいないのか?」
と聞かれる、その台詞ぐらい。なんなん!

 

スポンサーリンク

この世界、何かがマジで狂っているのか?

乗馬歯医者の牧がやって来ます。

咲の結婚を知って愕然としておりますが……おい! おいおいおい!

そんなに好きなのに、なぜ3年間1度も訪れず、消息すら知らなかった!
もう、怖い。
むしろ怖いぞ、この世界。何かが狂っていて、私を試しているのか?とすら思うほど。

こんなアホ歯医者がどうなろうと知ったこっちゃない。しかし戦争の足音が迫る中、馬の命運を考えると暗い気持ちになります。

福子は本当に、残念な子でして。
母親から姉の様子を聞かれても、そんなことより乗馬男がウケるしぃとヘラヘラ。

本当に武家の娘ならば、これはもう鈴さんがビンタですよ。

ここで鈴は、克子夫妻の愚痴。

借金を申し込まれたけど、断ったと言います。

貸してあげてもいいのぃ〜とヘラヘラする福子。
この母子……夫が没落したのに、金銭感覚が緩すぎる。

貧乏な母子家庭の割には、調度品や衣服のレベルも高いです。
ファッション武家の娘、ファッション母子家庭、ファッション貧乏か。

 

スポンサーリンク

大げさな演技や演出は、昭和の漫画っすわ

克子の家でまで、牧の話をする福子。
本作は、致命的に笑いのセンスもないんだよなぁ……。

鈴の仮病だの、乗馬牧だの、どう見てもスベってる。絶望的にセンスがない。
牧については実話ベースだといちいちしつこいのですが、実話でもつまらないんだよ! 必要性がないんだよ!!

このあと、立花(まんぷくモデル安藤百福)と福子が出くわします。
いつものように福子がニタニタ笑いながら髪の毛を撫でるのですが、客商売の従業員でこの癖はない。

誰が考えたのでしょう?
無意識で髪の毛に触ってしまうというレベルじゃないですよね。

ブリッコアピールしたくて触っているのか、それとも何か理由があるとか?
こっちの困惑ぶりなど無視するかのように、立花はお茶でもどうですかと福子を誘います。

ここで鳴ってしまう福子の腹。

視聴者A:ブハハハハ、おもしれぇええええええ!
視聴者B:( ゚∀゚)アハハ八八
視聴者C:( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

って、なるワケないだろ、フツー!

あのですね……鈴の時も思いましたけれども。現実世界で、ここまでタイミングよく、大きな音で腹が鳴ることってありますか?

昭和の漫画っすわ。
本作の大げさな演技や演出は、ベタで人気のない漫画ですわ。

バナナの皮で滑って転ぶレベル。

 

やっぱり台湾ルーツは消えたようだ

「ラーメン! 私好きなんです、ラーメン!」

ラーメン屋に誘われて大はしゃぎする福子。

何度でも指摘します。
このころのラーメン屋って若い娘がホイホイ行く場所じゃない。デートスポットでもない。肉体労働者とか要はガテン系の人とかに愛されたのです。

しかも、立花はラーメン初体験っぽい。
おつゆの出汁を何から取っているのか?と気にする台詞も出てきました。

どうや台湾ルーツは、もう諦めたほうがよいですね。
今後、出ると思って様子見をしていた皆様、残念ながら本作は最低の簒奪をやらかしました。

台湾ルーツの青年がインスタントラーメンを発明するわけではなく、日本人妻とのデートやら何やらで思いつくことにするようです。

歴史修正主義、確定。
こういう差別ど真ん中の行為は、面白ければよいという話じゃありません。

スポンサーリンク

このあと、電話交換手時代に福子が間違って取り次いだ話を立花がします。
よく覚えていましたね。

動画配信サービス
主要7社ぜんぶ入ってみました
当サイトのリポートです


次のページへ >

-まんぷく感想あらすじ, まんぷく

Copyright© パエトク , 2019 All Rights Reserved.