ドラマ&VODを味わい尽くす!

パエトク

まんぷく感想あらすじ まんぷく

まんぷく 111話 感想あらすじ視聴率(2/12)発明家というよりプロモーター

更新日:

MANPEI!
MANPEI!
MANPEI!
MANPEI!
ワーッ!!

そう騒がないと、今朝は説明がつかない――萬平ラーメン教の真理をざざっと確認してみます。

・信徒は助けてくれる!

真一「家計が苦しいなら助けるよ。でも条件がある! 聖なるラーメンを食べさせてくださいッ!」
こんなもん、宗教だと思わないともうやってられない……。

・信徒は集う!

神部が『白薔薇』で、福子のモブ友人にラーメンの尊さを説明する場面。
世良も同席していて、布教活動だとしか思えない集合っぷりには驚くばかりです。
みんな仕事なにしてんの?

・信徒は布教する!

神部が家に戻ってまで説教する、お笑いで言うところの「てんどん」が、もう……以下略。

・信徒は異教徒におそれおののくがめげない!

神部「異教徒世良をおそれない! 異教徒鈴をおそれない!」
信徒「MANPEI!  MANPEI!  MANPEI!  MANPEI!」

・ルイージ福子様はそこにいるだけで尊い!

福子の「こういうことが起こってしまうんですね〜」という、あまりに意味がないセリフ。
戦慄するばかりですが、ルイージ福子様はそこにいるだけでも尊いから。いいんだよ!!

【111話の視聴率は21.6%でした】

スポンサーリンク

神は対話する 対話は繰り返される

展開の繰り返しがあまりにしつこい!

視聴者なら誰しも眉をひそめるであろう『まんぷく』ストーリーについては、昨年末からメディアもツッコミを入れておりました。

◆朝ドラ『まんぷく』 福子の夫・萬平は捕まりすぎじゃないか│NEWSポストセブン

具体的にはこんな感じで書かれております。

10月にスタートして3ヶ月。
その間に主人公・立花福子の夫、萬平は何と3回も逮捕され牢屋にぶちこまれてしまいました。
「捕まる」というエピソードがもう満腹すぎて、視聴者のおなかはいっぱい。

この記事から約1ヶ月後。
今年1月末の記事では

◆ラーメン編突入『まんぷく』 “リピートの物語”にピリオド?│NEWSポストセブン

17週100話目前にして、ついにラーメン作りに突入。
(中略)
ネット上には歓喜のコメントが飛び交いました。

という前向きな受け止め方もしておりましたが、NEWSポストセブンさんも、今回ばかりは相手が悪かった。

見せてあげますよ。
本当のリピート地獄というやつをね!

2月上旬の記事です。

◆反復だらけの『まんぷく』 画家の妻がモデルに嫉妬しすぎ│NEWSポストセブン

さすがに著者さんも呆れているのでしょう。

開始からすでに4ヶ月過ぎましたが、見ていてもう「まんぷく」。なぜなら、まんぷくならぬはんぷく・反復だらけだからです。

半ば投げやりにかかれている印象すら受けますが、いえいえ、まだまだ甘いどぉおおおおおおお!
本日も反復に抜かりはないんです( ・ิω・ิ)

・ろくに検温も記録もしない、文献を調べない

こんな調子じゃ、わざわざ呼び出したモブ大学教授の助言も意味がありません。
萬平が食品を廃棄しながら失敗するリピートはいつものことです。

・鈴がお見合いを勧めるのって何度目でしたか?

もう、こちらもウンザリするほどの「大企業男と結婚しなはれ病」で。
福子に勧めていた頃から執拗なほどの繰り返しです。

ブレがないといえばそうですけど、別に同じヤリトリだったら、わざわざ描写する必要ないでしょ。
主人公らしくない主人公・福子の姉の次女(姪)の結婚話なんて誰が興味あんのよ? タカで十分だったじゃないか。

・神部が「なんで同じ展開を繰り返すんや〜!!」

いやいや、あなたの大好きな萬平ラーメン教定番の修行じゃないですか。

諸葛亮だって、南征を七度繰り返しました。
インテリ帝大生だったら『三国志演義』ぐらい受け入れられるでしょ。

そこには「七縦七擒」(※七回捕まえて七回解放する)という話があります。
諸葛亮が敵将・孟獲を執拗にキャッチアンドリリースした結果、南中が従ったというお話ですね。

私のような異教徒だって、萬平さぁんに七度捕まって七度解放されたら……そりゃ信徒になりますとも!!

今回は、そう頭を抱えねばならないほど、リピート地獄で目まいがしてきました。
てか、このバカみたいなしつこさがいいってことなのか???

思えば前作『半分、青い。』は、主人公である楡野鈴愛が漫画家を目指していたのに、五平餅カフェオーナーや、発明家として進路を転々とするからふざけていると言われましたね。
ついでに言うと、プロポーズ断る、結婚、離婚、断った律といい感じになる……そういう愛情の起伏も叩かれました。

スポンサーリンク

しかし、『まんぷく』のように、単純極まりない仕様で同じことがリピートされるのであれば、「ながら見」していても安心ですし、ストーリーが薄っぺらくて単純な方がついていきやすいですもんね。
そういう意味では、本作って安心仕様ですね。すご〜〜い!

動画配信サービス
主要7社ぜんぶ入ってみました
当サイトのリポートです


次のページへ >

-まんぷく感想あらすじ, まんぷく

Copyright© パエトク , 2019 All Rights Reserved.