ドラマ&VODを味わい尽くす!

パエトク

なつぞら感想あらすじ なつぞら

『なつぞら』感想あらすじ事前予想 北の清濁併せ描けるだろうか

更新日:

なつぞら感想あらすじ
なつぞら全視聴率

記念すべき朝ドラ100作目『なつぞら』。

公式サイトや番宣をパッと見た感想は、
「これはイケるんじゃないか?」
でした。

根拠をあげてまいりましょう。

スポンサーリンク

そこには北海道の苦しみがある

『ゴールデンカムイ』ファンの皆様ならば、深く頷くでしょう。

「北海道を舞台にするのであれば、その痛み、苦しみ。そこを描かなければならない」

・アイヌ

和人はアイヌをどう差別した?大和朝廷の「蝦夷」から振り返る1000年以上の歴史

・屯田兵

明治時代の北海道開拓はとにかく過酷~戦争敗者、屯田兵、元新選組、囚人、そしてヒグマ

日本の近代化の中で、入植される方も、する方も、深刻な苦しみを味わった。
それが北海道です。

単に綺麗な自然があって、グルメが堪能できて、ウハウハ〜!じゃないんですね。

本作には北海道の持つ痛みを味わってきた――そんな人物がいることがわかります。

男手一つで、娘を育て抜いた開拓者。

入植して、慣れぬ気候と農業に苦労した人物。

貧しい家庭であるために、画才を磨くことができなかった青年。

そんな中でも、目を惹く人物が阿川弥一郎と砂良父娘です。

森に住み、木彫りの熊をつくる父。
美しく、狩りや漁をして暮らす娘。

現時点で断言はできませんが、彼らはアイヌか、あるいはその関わりを持つか、そういう要素が、うっすらと感じられます。

もしも本作が、21世紀のワールドスタンダードにかなう
【アイヌ描写】
をきっちりこなしたら?

OK、そのままチームをスライドして『ゴールデンカムイ』実写版にいきましょう!

もしそんな力作が出来るとしたらば、アイヌ考証が第一ですから。命綱です。

スポンサーリンク

夢を追う大切さがある

ここ数年、NHK東京とNHK大阪の朝ドラには、カラーが出てきました。

NHK大阪は、京阪神の実業家ベース。

そしてNHK東京は、地方から都会に出て行く女性の物語です。

『あまちゃん』
『ひよっこ』
『半分、青い。』
と、いずれも意欲作でした。

『とと姉ちゃん』で痛い目を見たためか、NHK大阪の企業モデルは封印したようです。
『まれ』のような作品はあったものの、この路線は成功ルートに乗っていると思います。

こういう作品の女性は、良妻賢母路線ではなく、夢を生き生きと追いかけて、自分らしさを求めています。
今の時代に合った生き方ではないでしょうか。

NHK大阪よりも若年齢層向けで、挑戦的。
視聴率面でも不利ではありますが、ともかくめげずにいいものを作りたい。そんな伸びやかさを感じます。

本作からも、そういう匂いを感じます。

スポンサーリンク

役者選びにもセンスを感じる

役者の選び方。
意欲的な大河であった『平清盛』、『八重の桜』そして『真田丸』から引っ張ってくるあたり、よいものを感じます。

『いだてん』にもそういう傾向がありました。
話題性ではなく、あくまで適材適所でいく。そういうスタンスがあります。

子役まで没入している感覚が、伝わってくるのです。

衣装、セット、ロケがいい

ロケ写真を見ていると、ちょっとびっくりすることがあります。

「なにこれ、昭和だよ!」

昭和舞台だからそりゃそうなんですけれどね。
服装の、レトロさ。ポーズ。姿勢。
そういうのが、当時の写真に似ていてびっくりするほどです。

当時の青少年って、なんか石原裕次郎ぽいポーズをするんだよなぁ。
そういう納得感がいちいちある。ったく、本気ですね。

『ひよっこ』でも、これはできており、今回もバッチリっぽいです。

衣装は結構、汚いのです。それがいい。だからこそいい。
北海道の酪農なり、農業なり、携わっている人間が綺麗であったら、そのほうがリアリティに欠けますからね。

見た目の華やかさよりも、リアリティを重視する。
そこに、高い現場士気を感じます。

その士気の中で、演じる側も世界に没入している、そんな雰囲気を感じるのです。

チャレンジしてこそ前に進める 東京チーム

ここ数年、良い雰囲気が感じられます。

『まれ』と『とと姉ちゃん』は、正直なところ良い出来ではありません。

『まれ』は露骨な『あまちゃん』の二番煎じ感がありました。
守りに入っていました。

『とと姉ちゃん』も、NHK大阪が成功ルートとして確定した(そしてもうそれも終わりつつある)、企業ルーツドラマを選んで失敗。
守りに入ったら、負けあるのみ――。

作家性の強い、仕事をキッチリこなす脚本家を総大将に据えて革新的に突き進む!
そういう信念がいいじゃないですか。

記念すべき百作目は、そんなNHK東京における攻めの朝ドラ、集大成でもあることでしょう。

『あまちゃん』の伏線回収の巧みさ。
『ひよっこ』の愛すべきレトロさ。
『半分、青い。』の夢を追うヒロインの強さ。

そういう集大成を、全部ぶつけてくるはずです。

序盤チェックポイント

と言っても無条件での成功を盲信するワケではなく、いくつかの“壁”というか“ポイント”みたいな箇所はあります。

【ここをクリアできれば半年は安心できそうだ】というポイントをまとめてみました。

・戦災をきちんと描くのか?

戦災孤児であるヒロイン。
戦争で苦しんだ人々のことを、しっかりと描くのでしょうか?

『ひよっこ』のインパール。
『半分、青い。』の満州。

このハードルをきっちりとクリアしたNHK東京です。
クリアすると、信じています。

・阿川父娘のこと

これが重要です。
一番注目しています。

アイヌルーツなのか?
だとしたらどう描くのか?

もし、ここで失敗したら『永遠のニシパ』(嵐・松潤さん主演ドラマ)も暗い見通しになりますからね。
失敗は許されない。
そういう覚悟で、挑まることを願っております。

◆永遠のニシパ NHK公式サイト

くどいようですが、ここをクリアしたら本作はおろか、NHKによる実写版『ゴールデンカムイ』にスライドしてほしいっすわぁ!
※あ、その場合、姉畑はカットでいいです

・馬ぁぁ!

馬!
馬!
北海道の馬!

馬連呼はナゼ?
もちろん馬刺しが食べたいわけじゃありません。

私は『いだてん』でバロン西こと西竹一が出るかどうか。
俄然ここを注目しています。

ここで素晴らしい馬を見せてくれたならば、バロン西にも期待が出てくるというものです。

西竹一(バロン西)42年の生涯を解説!世界のセレブに愛された貴公子の凄絶な最期

朝ドラで馬って最高じゃないですか。

ヒグマも実はちょっと見てみたい(もちろん惨劇はなしで)。

三毛別羆事件には震えるしかない ヒグマが開拓民を襲って死者7名・重傷3名

危機感あればこそ何かの実を結ぶのでは

本サイトでは何度も指摘しておりますが、HuluやNetflix、アマゾンプライムビデオなどの動画配信サービス(VOD)がいよいよ茶の間に入り込んできており、このままではNHKがダメになりかねない状況です。

しかし、高い志でドラマを作りたい。そんな方がおりましょう。
『いだてん』でも、ヒシヒシと情熱を感じます

危機感あればこそ、真剣に取り組む。
そんな人材はいるはず。

結果はどうあれ、ここでの努力は絶対に何かの実を結ぶのではないでしょうか。

けっぱれ、『なつぞら』!

※スマホで『なつぞら』や『いだてん』
U-NEXTならスグ見れる!

文:武者震之助
絵:小久ヒロ

スポンサーリンク

北海道ネタ盛り沢山のコーナーは武将ジャパンの『ゴールデンカムイ特集』へ!

動画配信サービス
主要7社ぜんぶ入ってみました
当サイトのリポートです


 

-なつぞら感想あらすじ, なつぞら

Copyright© パエトク , 2019 All Rights Reserved.