半分、青い。119話 感想あらすじ視聴率(8/17)彼らの声を伝えるのは

子連れの出戻りヒロインはおとなしくしおらしく――そんな、お約束は知らん!
とばかりに、いつも元気でドンッと構えている鈴愛。

岐阜の実家で「つくし食堂」2号店をオープンさせることにした彼女は、祖父・仙吉の特訓で五平餅作りも完璧にこなすようになりました。

仙吉の言葉もあって、娘の花野に漫画家としての過去を打ち明けることにも成功し、さぁこれから~というときに、勇気と優しさを持つ祖父の仙吉は、曾孫の花野を抱えたまま大往生してしまうのでした。

【119話の視聴率は21.6%でした】

 

スポンサーリンク

花野がいないと思ったら遺骸の横で!

仙吉の葬式です。
鈴愛の横には、少し遅れて律もやって来まして、一礼。晴がここでとんでもないことに気づきます。

花野がいない!
葬式の最中にそのことを伝言ゲームのように聞いた鈴愛も、思わず「はぁ?」とびっくり。

なんと花野は、仙吉の遺骸の横で寝ておりました!

大物というか、何というか。花野は「おーちゃん(=仙吉)冷たかった!」と一言。
鈴愛は、おーちゃんは死んだ、もういないんだ、と言います。

続けて、あの夏、飼っていたカブトムシのようにと説明すると、偶然、通り過ぎた晴が、もっと他に言い方あるだろと突っ込みます。

「おじいちゃあああん!」

仙吉の亡骸を前に、真っ先に激しく号泣したのは健人でした。

「本当のおじいちゃんみたいだった」と泣き叫ぶ彼の姿を見て、思わず宇太郎も「泣きづらいわ」とボソリ。

これ、面白いんですけど、なかなか奥深いです。
外国人の方が日本の葬儀を見て驚くのは「参列者があまり泣いていないことだ」と聞いたことがあります。葬儀で号泣するプロの方もおられた国や地域もあるとか。

確かにそうかもしれない。
特に仙吉の場合、誰もが感心する大往生ですからね。健人の号泣は、カルチャーギャップというわけかも。

 

スポンサーリンク

「健人、仕方ないぞ。カブトムシも死ぬからな」

ここで次なるギャップが登場。
花野です。

「健人、仕方ないぞ。カブトムシも死ぬからな」

このセリフも面白いなぁ。

フツーの朝ドラというかいい子ちゃんドラマなら、
「健人お兄ちゃん、仕方ないよ。カブトムシも死ぬんだからね」
ぐらいでしょ?

年上のお兄ちゃんを呼び捨てにして、女の丁寧な言葉を無視。母の鈴愛にもそういう傾向がありました。
女の子はおとなしく、可愛らしくなんてルールなんて関係ないのです。

そのときフッとおじいちゃんが笑ったかのように見えました。
晴が指摘すると、草太も賛同。皆で、大往生、お疲れ様でした、うらやましいくらい、と褒め出します。

健人からすれば”Why Japanese people!?”かもしれない。だから泣き出さないのね。

日本のお葬式ってコメディ映画の題材になるくらい独特です。そういう面白さが、伝わって来ます。
そりゃ心がアメリカンな健人からすれば不思議ですよ。

※映画「お葬式」劇場予告

 

スポンサーリンク

仙吉の死を消化しきれない花野

鈴愛が洗い物をしていると、花野が母親を呼びます。

「ママ、来てぇ〜!」
仙吉の死後、花野はちょっと変。

「あっという間に来てといったら、あっという間に来て!」
と、眠れないゆえに騒ぐのです。

鈴愛が横に来ると、死んだらどこへゆくのか、天国か、と聞いて来ます。

死んだことないからようわからん、と鈴愛。それでも、何もこわない(怖くない)と。
生まれてきて、生きて、死んでゆく。それが当たり前のことだと自身も諭すように語りかけます。

むしろずっと生きとったら怖い。四百年や五百年生きていたらドラキュラや。死ぬのはこわない。
花野もカブトムシは怖がっていなかった、と納得します。

死んで花野が元気なくなるならおーちゃんは悲しむぞ、と続けると、逆に「おーちゃんはどこにいるのか?」と突っ込まれ、最終的に鈴愛は「カンちゃんの心の中にいる」と結論づけます。

死んでも人の思いは残る。
生きている人々を助け続ける。
そう説明する鈴愛でした。

 

和子も、何か始めたくなった

そこへ、和子と律が弔問に来ます。

鈴愛たちは、新しい店を見に行っております。律が新しい店は順調かと尋ねると、来月にはできあがると晴が答えます。
きっと仙吉さんも新店舗が見たかったろうなあ、と話していると和子はこう言います。

「ええやないかね、楽しみにしたまま逝くのもええやないかね?」

和子も、何か始めたくなったようです。
実は持病があり、この先短いとされる和子。そんな彼女も、仙吉が鈴愛に五平餅を教えたように教えてみたい、誰かと何かを始めたいと願っているのです。

どうせ先は短いのにと自嘲すると、律は言います。

「そんなことないよ」

律も、鈴愛が仙吉の思いを得て跳ぶように、母の思いを伝えるのでしょうか。

 

お店の名前は絶対ナイショ!

さて、仙吉の夢でもあった2号店では……。
宇太郎、鈴愛、健人、そしてブッチャー父・満が盛り上がっております。

出番自体はそこまで多くないのに、いつ見てもやけに濃い健人と満は、本当にラーメン二郎や天下一品ばりに濃厚です。

店の名前をどうするのかと宇太郎に尋ねる満。
本当は、仙吉がつけるはずだったんだけどなあ、しかし、あんなふうに眠られちゃったらなあ……今頃、廉子さんに会っているよ、と言います。

って、そういえば今日は廉子さんのナレーションが少ない!

本作のナレーションって、昨日みたいに多いときと、今日みたいに少ない時とで別れます。
そこも廉子さんが見守っているんだなあ、と面白い点でもあるのです。

ここで実は生前、仙吉が花野にだけ店の名前を託していたことが判明!

早速、大人たちが店名候補を尋ねてみると、
「ナイショ!」
とにべもない返事のカンちゃん。

彼女はおーちゃんとの約束を守ります。
そうだよなぁ、カンちゃん、おーちゃん、ココンタの秘密だったもんなぁ。

母の鈴愛が心臓強く愛をこめて説得すれば吐く――というほど本作の子供は甘くないんです。

聞かれても絶対に言わん。面白い。

 

何のヒネリもない律の誘導尋問

孫である鈴愛も、草太も、結局名付けられない仙吉のコンプレックスと、花野の律儀さで、まるで名前が最後の謎みたいになってきました。

もしもこれが典型的なイイ子ちゃんの朝ドラヒロインなら、花野が話すのを笑顔で待つかもしれませんね。

徳川家康の「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」です……って、本作にそれは「らしく」ない!
鈴愛はそんな良い子ちゃんではありません。

織田信長の「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」は流石にアカンので、豊臣秀吉の「鳴かぬなら鳴かせてみようホトトギス」で行こうやないか。

てなわけで「鳴かせてみせよう」の手口は、花野と仲のいい律を使って聞き出すことでした。

早速、電話で律にその策謀を相談していると、お風呂に入りたいと花野が通りかかります。

チャンスとばかりに娘を捕まえる鈴愛。
ママも聞きたいと若干野望をギラつかせつつ、律と電話を替わります。

しかし、律は何のヒネリもなしに「お店の名前はなぁに?」と軽く聞いちゃうのです。

すかさず、その策略は何だ、もっと頭を使え!とキレかかる鈴愛。

あぁ、懐かしく愛おしいキャラが甦ってくるわぁ。
2016大河『真田丸』の真田昌幸と、2017大河『おんな城主 直虎』の井伊直虎って奴ですわぁ。
鈴愛には、やっぱり戦国武将の血が通っている。

律の何のヒネリもない誘導尋問に対し、花野が「ご、へ……」と二文字だけ呟いたところで放送終了!
続きは明日だ!

 

今日のマトメ「彼らの声を伝えるのは」

健人もビックリするであろう、日本のお葬式。
確かに仙吉さんくらい大往生だと、こんな雰囲気ですよね。ちょっとコメディタッチにしているところが面白いです。

皆さん美男美女なのに、日本地方のお葬式の雰囲気、田舎ぽさ、出ています。
花野がいないと伝言ゲームとか、思わず叫ぶ鈴愛とかあるあるですわ。

それと仙吉の名前を聞くために策謀をやらかす鈴愛。ストレート過ぎる律、それを叱り飛ばす鈴愛に笑いました。
草刈正雄さんの真田昌幸もこういう性格だった気がする!

今日、しんみりしたのは、鈴愛の死生観でしょうか。
和子との台詞とセットになって、グッと来ました。

これから先が短いかもしれない。
そんな悲しさを背負う和子は、だからこそ仙吉のように途中のまま、前のめりで生きたいのだと思うのです。

そういえば彼女は、病気と気遣われたくないとも言っていましたね。
それでもさりげなく気遣う鈴愛の優しさには喜んでいました。

病気になった人を、真綿でくるむように接するか?
決まり切った結末だけ見せて生きるようにするか?

重大な問いかけです。それがよい子の朝ドラの気はしますが、病気を抱えた当人たちはどうなのかなんて、なかなかわかりませんよね。

弱った人。
この世界を去った人。
そんな彼らの声を、深く踏み込んで語る人がいるからこそ、本作は覚悟のある作品となるのでしょう。

そういうところが、つくづく私は好きなのです。

◆著者の連載が一冊の電子書籍となりました。
ご覧いただければ幸いです。

この歴史映画が熱い!正統派からトンデモ作品まで歴史マニアの徹底レビュー

文:武者震之助
絵:小久ヒロ

スポンサーリンク

【参考】
NHK公式サイト

 

1 Comment

小原正靖

カブトムを例に出すのが鈴愛らしい 蝉で説明したら人生の苦労と生死の儚さ はかなさ を示す普通の人なのでしょうが

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA