半分、青い。 あらすじ&感想

半分、青い。116話 感想あらすじ視聴率(8/14)もしも花野が2人の子供であったなら

更新日:

涼次との結婚生活に失敗し、実家に出戻ったヒロイン鈴愛。

このままでは終われない!
との一念発起で実家「つくし食堂」の2号店を出そうと画策します。

最大の問題は、店を出すための資金繰りでしたが、散々揉めた母・晴も最終的には「調子に乗っている時はやるべきやな!」と前のめりになります。

高校近くに物件も確保。
祖父・仙吉直伝の五平餅を名物フードにして、チンチン電車風の内装を施した2号店の計画もついに始動です。

鈴愛、いよいよ天下への道だ!

【116話の視聴率は20.6%でした】

 

五平五升!

さぁ、まずは五平餅作りから始まり。

「焼き方がたらん!」
と、イキナリ師匠の仙吉がダメ出しをします。

そんな祖父を、鈴愛は意外に厳しいと評するのです。なんと秋風塾レベルだとか。
そういえば秋風羽織がこれだと太鼓判を押したのが、仙吉おじいちゃんの五平餅でしたね。

秋風先生が唸るほどの味を、出すんだ、鈴愛!

仙吉は、餅の焼き加減を【命】と呼び、ひっくり返すタイミングを「赤ちゃんの目覚め」に譬えます。

さらには「五平五升(ごへいごしょう)」なんて言葉も繰り出しました。
要は、五平餅があまりに美味しすぎて、思わず五升の米を炊いてしまうことから付けられたそうで。

五升はともかく、五平餅にすることで、一人で五合くらいはペロッと食べられるらしいです。
どんな米消費マジックなんだよ!

 

スポンサーリンク

送り迎えの喜び、涼次は知らず

胡桃潰しにもコツがあります。
潰しすぎてはいけないし、大きすぎても駄目。うわあ、厳しい!というより、仙吉さんの五平餅がメチャメチャ食べたくなったわ~。
鈴愛もメモしながら、焼きたい、と真剣味を増します。

ここで廉子さんがナレーションで、五平餅くらいでかっこつけすぎ、とからかうのがいい味を出してますね。
本作はナレーションが斬新です。
廉子さんは決して見守る慈母ではなく、面白がりながら突っ込むタイプ。それがいい。

花野は保育園に通い出しました。
今日は草太が出迎えに行き、そこでイケメンパパに間違われたそうで、浮かれていると「(奥さんの)里子さんに言いつけるよ」と晴から突っ込まれております。

涼次も本物のイケメンパパなのに、そういう送り迎えの喜びを知ることはないんですよね。

育児や家を省みる喜びとは、女性だけではなく男性にも等しくあり、ダメ男はそれを取りこぼしている。本作は、そこもキッチリ浮かび上がらせるんですよね、斬新!

 

はじめてのおつかい

帰宅後、萩尾家へと向かう花野。
弥一が喜んで「かわいいお客様!」とそんな出迎えます。

「はじめてのおつかい」ですね。
楡野家から萩尾家は、真っ直ぐ真っ直ぐずっと行って、クリーニング店を右に入る道筋です。

おつかいで届けたのは、卵焼きや晴が和子に食べて貰いたがった蒸した金目鯛でした。

弥一は、「おさかな」を「おかさな」という花野を修正してあげようとするのですが、律がやって来て、「直すと鈴愛が怒る、今の間違いのままのほうが可愛いようだ」と言い出します。

「なんで律もいるの!」
はしゃぎだす花野ちゃん。そこへ、和子も登場。
「天使みたいな子、天使の羽根!」
そう喜びます。

弥一も、女の子は「フワッフワ」とニッコリすると、律が、自身の男児の孫・翼に言いつけるよ、と言い、弥一は慌ててしまいます。
律がお父さんだと知った花野は【高い高い】をおねだりして、盛り上がる萩尾家です。

 

律の妻子はなぜ岐阜県に住まない?

一方、楡野家の鈴愛は、相変わらず特訓中です。
BGMまで気合いが入ったものとなり、右手の練り方にまで厳しい指導が入ります。

軍師の晴は、電卓を弾いて2号店の内装予算を計算中。
宇太郎はウキウキとしたアイデアばかりで上機嫌です。

「和子さんが言っていた通りだ、何かを始めるって楽しい」と痛感する晴です。

花野は、律の弾くピアノにはしゃぎます。
が、和子が眠ったため、ピアノはおしまい。

楡野家では宇太郎が、律の妻子はなぜ岐阜県に住まないのか?と言い出します。晴はこの時点で、余計なことを言うなと宇太郎に釘を刺します。案の定、言おうとしてたのでした。

ここで、翼が男児だから名門校に通わせるため、と晴さんが説明するのも残酷かもしれません。

男子はより高い教育を目指させる――そういう暗黙の了解が日本にはあります。
しかし、それって差別でもありますよね。
女子だってよい教育を受けたい子はいるだろうし、男子だって教育より環境を重視したい子もいるはず。

こういう逃げない姿勢がいい。本作は逃げない、のです。

 

「ママの漫画なら上にある」……やってまった!

ピアノを弾き終えた律に、花野は漫画を音読して欲しいとリクエストします。

『あしたのジョー』みたいな宇太郎好みの漫画はないしなあ、と律。更には、ここでうっかり
「秋風羽織先生やママの漫画なら上にある」
と口走ってしまいます。

ああっ! やってまった!!!

漫画家という過去を娘に明かしていない鈴愛の秘密、バラしちゃった!

「上」とはどこか?と問い詰める花野に、しらを切る律。花野は粘り強く弥一に上の場所を聞き、和子が寝ているから静かにと言われながらも、のぼってゆきます。

ここで、和子の眠る部屋についてしまった花野。
子守歌を歌ってあげると言い出します。入っておいでと言われますが、恥ずかしいからと外に留まる花野。

 

『ねんねんころりよ』は暗いからとストップ。
そうそう、子守歌って時々怖いんですよね。

次に明るい歌として『ふるさと』を選曲しました。

 

律が抱っこして、花野は二番まで歌います。
思わずすすり泣いてしまう和子。

「うさぎって美味しいんだな」
そう笑う花野を見て、和子も笑います。

 

今日のマトメ「どうしても“if”を言いたくなる」

なんなんだ、今日は! 動揺しっぱなしです。

花野と萩尾家が中心でした。
そしてどうしても“if”を言いたくなる。

もしも、花野が鈴愛と律の間に生まれた子供だったら?

いや、そんなのおかしいですよ。でもどうしたって、考えてしまう。
だって和子の反応なんか、あまりにソウルフルではありませんか。弥一も女の子に喜んでいるし。

宇太郎が、律は家族を岐阜県に連れて来ていないことに疑念を呈しますし、そして、何といっても花野ちゃんです。

花野ちゃんは、朝ドラヒロインの子にしては歳をくっての登場。
その理由がわかりました。

もう5歳だから、キャラクターの基礎が出来ています。

口癖、言い間違い、性格。
子守歌を歌うとき、誘われても恥ずかしいからと部屋には行かないところなんか、リアリティのある性格描写です。

そして、どうしたって鈴愛の影響があります。
性格、言い回し、元気いっぱいのところ。今日は鈴愛の出番は少なめでしたが、花野経由で彼女の存在感が伝わるのです。

子供って何でしょうか――。

可愛いだけの存在?
いや、違いますよね。
子供の上には、親の影響が残っているもの。そこも含めて、人格のある人間です。体が小さいだけです。

本作はそう知らしめています。
花野を通して鈴愛のことを考えるからこそ、もしも鈴愛が律の妻だったら、と思ってしまう。同時に、律の妻・より子の存在感の薄さをどうしても考えてしまいます。

より子は、律が選んだくらいです。
ボクテはパンを作る腹黒女と推察しましたが、妻として母として、最適なのだと思います。息子の教育を重んじていますし、一般的に出来る人でしょう。

ただ、出来る人=ロマンスの相手でもない。
これぞ結婚相手として最高と思える相手と、恋に落ちるほど人間は器用じゃない。

結婚相手としてはより子が最高で、選んで、結ばれたのだとしても……ロマンス相手として、鈴愛がいるのでは?

律儀な律は、妻に悪いと鈴愛を遠ざけました。
けれども、どうしてもそれが惜しく思えます。

恋愛だけじゃないはず。
励まし合い、運命を変える――それも、ロマンス相手とできるはずです。

現に律は、花野に鈴愛が漫画家だった過去を明かしてしまいました。
こういうことです。
これからも、きっと互いの運命に干渉しあうはず。

結婚して子供を作り、家庭を築くだけじゃない。
そんな特別な関係を見せることが、本作の運命では?

毎週その手触り、そこにある雰囲気を感じて、ワクワクが止まらないのです。

◆著者の連載が一冊の電子書籍となりました。
ご覧いただければ幸いです。

この歴史映画が熱い!正統派からトンデモ作品まで歴史マニアの徹底レビュー

文:武者震之助
絵:小久ヒロ

スポンサーリンク

【参考】
NHK公式サイト

 

-半分、青い。, あらすじ&感想

Copyright© スマホで朝ドラ完全ガイド , 2018 All Rights Reserved.