ドラマ&VODを味わい尽くす!

パエトク

まんぷく感想あらすじ まんぷく

まんぷく 11話 感想あらすじ視聴率(10/12)パクりでコクり♪キタ━━(゚∀゚)━━!!

更新日:

今日は結核劇場かな?
と思いつつ鑑賞スタート!

咲はもう何日持つかわからない状況だそうです。
果たして医療考証は適切なのだろうか?そんな疑問符が浮かんできて、イマイチはまりこめないのは私がワルイんですね、スミマセン。

咲もメイクのおかげか、お肌ツヤツヤなんですよね。
『マッサン』のエリーなんか、凄まじいやつれぶりでした。
あれは撮影後半で役者の疲労が蓄積していた要素もあり、あまり褒めるべきではない部分もありますが。

他の朝ドラでも、もうちょっとやつれていたと思います。演出よりも、綺麗な女優さんを見せたいという意図はわかりますが。

咲「ごめんね」
克子「私は信じないからねっ!」
福子「絶対元気になるよ、咲ねえちゃんは」

なんというか、このあたりのセリフもなぁ。
脚本家の気合いや工夫より、
【視聴者の考えそうな最大公約数狙い】
を感じます。ま、ベタベタな路線ってことですね。

【11話の視聴率は21.9%でした】

 

スポンサーリンク

大女優がまるで大根役者やで

自宅の仏壇前で祈っていた鈴は、病院から悲報を耳にしまして。

「大丈夫やったの? 大丈夫だったんでしょ? 嘘言わんといて! ああ〜〜咲ぃぃぃぃ〜〜!!」
と、怒り、嘆き出す。

えぇと、なにこれ? 違和感なく見られた方って多いんでしょうか?

急な事故や別の病気ならまだわからなくもありません。
しかし、結核という長引く致死率の高い病気で、この演出とセリフはどうなのでしょう。

泣かせる狙いが劇的に見て取れて、ハッキリ言ってしまえば、設計者が雑な仕事をした【ナケナケプログラム】が発動しちゃってますよね。
特に鈴の演技指導が、もうちょっと……何というか……「せわぁない」という呪文が脳内で響き渡ります。

役者個人の演技がおかしいというより、全体的に演技が変なんですよ、本作!!

そして忠彦が映ります。

まーーーーーーた絵を描いてらぁ。
彼が絵描きだってことはわかりましたってば。しかし、出番の体感9割で絵を描いているのはやりすぎじゃないですか? 他の行動しないの?
忠彦が売れない理由がわかった! ……描くばかりで営業活動なんか一切しとらんやろ?

 

スポンサーリンク

クソナレは視聴者をバカにしてる証拠?

そしてナレーションが入ります。

「家族のみんなが悲しみに打ちひしがれていました。誰もが奇跡を信じていました」

なんじゃ、この説明!!!
んなもん、そういう風に演技しとるやん! 当たり前やん!

ナレーションの役目というのは、見ているだけではちょっとわかりにくい情報を解説するのであって、今回の場合なんか、言葉で説明されたら余計に陳腐になる場面じゃないですか。

あるいは視聴者のことをバカだと思っていて、
「はい、皆さん、ここ、泣くところですよ」
と指示を入れてくる系統なのかな。

さて、そのころ立花(まんぷくモデル安藤百福)は……。
加地谷が遠藤社長と会いに出かけていきます。ここで、若手社員がベタベタな説明セリフで語り出します。

わかりました。要するに遠藤社長が勧めるままに、加地谷が軍事協力し出して、それに立花がいやな顔をする展開ですね。

「もしもし」
ここで立花が、ちょっと辛そうな顔で電話を取ります。

世良でした。

あれ? 世良って商売敵では? なんでこんなにフレンドリーなのか謎。加地谷は世良のことを警戒しています。
福子(まんぷく立花福子モデル安藤仁子)の会社無断侵入といい、立花のセキュリティ意識の薄さはさすがに問題じゃありませんか。

 

スポンサーリンク

まだまだ十分に余裕あるじゃん

立花と世良は、いつものラーメンをすすりながら会話を始めました。

なんでも軍需物資の横流しが行われているようだ、と語りだす世良。

「戦争で、世も見えんようになってきた」

いやいやいや。
アナタたち、まだまだ十分に余裕あるように見えますよ。

そもそも戦時中の情報統制を理解しておりませんよね?
日本の状況の危険性がわかるにしては早いですし、それに戦況が悪化してからも、こんな誰の耳があるかわからんところでヘラヘラ喋れないんですってば!

小林多喜二、何度でも張ったるぞ!

※だーかーらー、反戦を口に出そうものならこの1:10レベルの迫害を受けるんだってば!

世良は立花に向かって、友達だから一緒にメシ食おうと言い出します。
私も、もう一度言います。商売敵じゃないの?

じゃなければ、もう、この昼食はあれだと思うしかない。ファミコンRPGの酒場だ!

別に酒を飲むわけじゃないけど、そこにいかないと仲間を増やしたり、情報を手に入れたり、できないシステム。
インスタントラーメンがテーマのはずなのに、ラーメン屋台がそんな程度の扱いって、どういう仕様を実装してんすか!

ついでに言うと立花のセキュリティ意識のガバガバさも、IT関係者への嫌がらせレベルとしか思えません。

 

来るか?来るか?コクりが来るか?

福子は勤務先で保科と話します。

「咲さんは夏までには退院できるんでしょ、なら立花さんとも会えるよね」

って、保科に言われるワケですが。
「夏までの退院」ってのが無根拠で、医者に言われたというより今井家が盲目的に信じている感があるんですよ。

そしてこのあと、昨日から注目度俄然UPのヤツがきます。
缶詰パクリ続けて3年目。
プロの缶詰盗難師、野呂です。

彼は保科と廊下ですれ違うとき、すかさず「英語でチェリーと書かれた缶詰」を渡すのでした。
やりよった!
乗り換えよった!

にしてもこの缶詰、英語のラベルということは、アメリカかイギリス領からですかね。

あのですね。
太平洋戦争がどうして勃発したか、その一因をご存知ですか?

四方を海に囲まれた島国日本が、経済的に追い詰められ、物流を封鎖されたことがあるわけですよ。
輸入缶詰が、なんでパクって女に渡せるほどあるんや!
缶詰は日持ちするにせよ、もう入ってこないわけだから、缶詰パクリの罪がますます重くなってるで!

うーむ。
日本史において最も食料難に直面した時代が、太平洋戦争です。
インスタントラーメン開発の背景にも、その食料難がありました。

それなのに、食品関係の扱いが悪い。
雑。
もう、こりゃ黄信号でしょう。

 

パクりでコクりキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

しかし、野呂はそんなことを気にしないのです。

缶詰パクリだけでは女を落とせないと、3年目2人目にして悟ったのか、
「君のことが好きや!」
と保科に告白しました。

昨日、ここから恋が始まったら爆笑ものと書いたんですが、そうなったんかーい!!

コミカルなBGMがかかっていて、笑わせたいちゅうことはわかった。いや、笑わせて貰った。脚本家、天才!

まぁ、失笑だけどな。
このパクリ缶詰餌付け野郎が。

このあと、今井姉妹の皆さんが分厚いマフラーをつけて病院へ向かいます。
時間経過がわかりにくいのは、やっぱり衣替えとかしていないからですね。
今は春ですよね?
大阪の春なのに、このマフラーはありですか?

鈴は大げさな身振りで、なんかエエ話をしています。そして、毎日病院に行く宣言。今日は咲の顔色がよかったし、笑っていたから、一緒にいれば治ると言い出します。

アタマ、大丈夫か?
いや、希望を持ちたい気持ちはわかるけど、あまりに安易で……。結核って、そういう病気じゃないでしょ……。

スポンサーリンク

なんせ、これまで見てきた鈴の積み重ねって、
・根性の悪さ
・愚かさ
・図々しさ
ばかりでした。病状もろくに把握しないおばかさんにしか思えない。

動画配信サービス
主要7社ぜんぶ入ってみました
当サイトのリポートです


次のページへ >

-まんぷく感想あらすじ, まんぷく

Copyright© パエトク , 2019 All Rights Reserved.