ドラマ&VODを味わい尽くす!

パエトク

まんぷく感想あらすじ まんぷく

まんぷく 12話 感想あらすじ視聴率(10/13)一読オススメ『戦争中の暮しの記録』

更新日:

昭和17年(1942年)夏まで、時間が経過。
日本勝利の報道が続いているものの、生活は苦しくなってきました、とナレーションで説明が入ります。

確かにそういう描写は今後出てきます。

が、服も街並みもピッカピカ。
戦前にいたはず、あったはずの貧しい世界はまるで出てきません。

まぁ朝ドラの宿痾みたいなもんで、ここ最近では『カーネーション』ぐらいですかね、戦災孤児が登場したりしたのは。

あるいは『べっぴんさん』のような、上流階級の日本人が主役であれば、貧しい描写も不要でしょう。

しかし、何度も言います。
本作の主人公・夫は、台湾ルーツゆえに苦しんだ人物です。

そういった環境のもとで苦しみ開発したインスタントラーメンの話。
辛い暮らしもなく、しかも手柄の付け替えが行われたら、なんと恥知らずなことでしょうか。

【12話の視聴率は20.9%でした】

 

スポンサーリンク

戦争の状況描写が曖昧すぎやしないか?

福子(まんぷく立花福子モデル安藤仁子)の勤務先は、お客様が減ってきているそうです。

「外国人客もいませんねえ」
と能天気そうな福子。

「日本が勝ったらまた賑やかになりますもんね」
とも言っております。

なんだ、この、取ってつけたような言い回しは。本当に、心の底から勝つと思ってます?

このあたり、本作の引っかかるところで、本音と建前の区別が付きづらい。
特に【戦争の状況描写】が気になる。

もしも本作が「王道」の朝ドラならば、ヒロインは戦争の嫌な予感を覚えていてもよさそうなものです。『花子とアン』のヒロインなんか、戦争協力していた部分がバッサリカットされておりました。
かといって『ごちそうさん』のような、戦意昂揚に乗っかってイケイケドンドンでもない。

要するに、戦時中の心理描写がまったく伝わって来ません。
見ざる言わざるで逃げてんのかな?

ともかく、いつもと変わらず明るい様子の福子。
姉の死を隠して振舞っているんですよ、とは保科のフォローですが、相変わらず説明的な台詞が多いなぁ。

説明せずに描写でやるべきではないか?と思うことが毎日あります。

 

スポンサーリンク

「お昼寝をしていたら、夢に咲が出てきた」

福子が帰宅すると、鈴さんは、灯りの消えた仏間におりました。

出た。
今日の【ブケムスメプログラム】がよ。

んで、何なん?
今日は何のバグ?
と思っていると、「お昼寝をしていたら、夢に咲が出てきた」んですって。

ひゃーーーーーー!
『わろてんか』の亡霊召喚チリンチリン♪よりマシだけど、ベッタベタな展開で参っちゃう。

いや、別にベタが悪いっていうわけじゃないんです。

けど、毎日毎日、
・展開
・演出
・演技
の三拍子がヒネリ0の退屈動画を見せられると、さすがにウンザリしちゃうという話です。

鈴に続き、福子も姉を思い出す場面となり、
「咲ねえちゃ〜ん」
そう言いながら顔をくしゃくしゃにして泣いてます。

本当に21歳女性でしょうか?
その半分ぐらいの年齢にしか思えませんよ。なぜここまで徹底して、ヒロインの精神年齢を低く設定するのか。

答えは想像つくんですけど、最後にマトメます。

 

スポンサーリンク

戦争が、まるで天災のよう

立花(まんぷくモデル安藤百福)と加地谷の会社にいる若手社員にも、赤紙が来ました。
加地谷はアッサリ「おめでとう」と言います。

もう、この人、存在自体が不思議です。
なぜ常に白スーツなのか。これは牧なんかも一張羅状態なので、そういうもんなのでしょうけれど。

「おめでとう」
という祝意についても、出征兵士相手にしてはテンションが低いっちゅうか。「御国のために戦って来い」という感じが微妙。

あるいは本音を言えば、働き手を失うことでもあり、困るわけです。

『カーネーション』では、ヒロインのナレーションで
「こんなに火に炭をくべるように兵隊にして、この国は大丈夫か」
的な懸念が示されたんですけれどもね。

本作の戦争描写、明らかにおかしい。
まるで天災のようで、人が戦って死ぬという点について極力避けているような印象すら受けます。

そして、そういう戦争描写は、偶然とも思えません。
大河ドラマの『西郷どん』の戊辰戦争も、偶発的に起こる戦闘に対して、あれよあれよと西郷隆盛が巻き込まれていくような描き方なんですよ。

西郷自ら戦争を進めていったのであって、もちろん間違い、真逆です。

NHKが考証できないはずがない。
それどころか綿密にできますし、実績もある。どうしてそんな局が、看板ドラマでこういうことになるのか?
今年は大河もそうですから、二枚看板が自ら泥を塗りたくっています。

 

なぜ福子と立花の恋愛に興味津々なのか

ここで言い訳レベルの戦争描写終了。
加地谷が、立花の恋愛について口を出します。

姉の回復次第、お付き合いできると思っていたのに、死んでしまったと聞くと、別の女にしておけとアドバイスします。

冷たい奴や――って、そう思う視聴者さんもいるでしょう。

私が感じたのは、
『どうしてみんな、それほどまでに福子と立花の恋愛に興味関心を抱くのだろうか?』
ってことでした。

福子が名門のお嬢様で、使用人が気にするならわかります。
しかし、いわば同僚の恋愛に興味を持つって、ご自身の身近で考えたら、気持ち悪くありません?

なんてことを考えていたら、ホテルから軍へと金属が供出されてゆきました。

がっかりする保科ですけれども、だから、そういうことをペラペラと気軽に話すのは危険ですってば!
なぜ「御国のためですから仕方ありません」ぐらいのことが言えないのか。

脚本家さんは【本音と建前】の使い分けって知らんのですかね。
御国のためと建前を言いつつも、憂いを帯びた顔で本音をのぞかせる――本作は、そんな程度のことすらできないわけだ。

それと
「戦争で勝ったら元どおりになる」
というお約束。

こういうバカな台詞を言わせて、戦争描写を軽くしているように思えます。

 

本来はしっかり者で美人の彼女の扱いが酷い

ここで野呂。
そして乗馬歯科医の牧が登場して、ぺろぺろとヘンテコなSEが流れ出します。

保科が男2人にモテて困っちゃうということらしい。
って、あまりに酷い、彼女の扱い。

後輩指導は失敗としか思えないけど、本来はしっかり者で美人の彼女。
それなのに福子と咲というヒロイン姉妹にフラれた男どもに迫られるだけとは……。

確かに脇役の恋愛描写は朝ドラの定番です。
しかし、こんなリサイクル感満々の、おもしろくもなければ、ひたすらくだらないだけのエピソードをぶち込むとは、もうビックリです。

当初懸念していたように、牧の愛馬も軍事目的で徴収されてました。

ここも「おめでとう」の一言で済まされておりますが、愛馬と別れる辛さが微塵も感じさせないあたり、本作は一体何なのか?としか言いようがない。

スポンサーリンク

一事が万事、人の感情的な動きが雑でお粗末です。

動画配信サービス
主要7社ぜんぶ入ってみました
当サイトのリポートです


次のページへ >

-まんぷく感想あらすじ, まんぷく

Copyright© パエトク , 2019 All Rights Reserved.