まんぷく 56話 感想あらすじ視聴率(12/4)「金髪白人に生まれていれば」だと?

レビュー前に叫ばせてください!

「みんな演技が軽スギィ!!」
演技指導がどうかしてるとしか思えない。

こんな絶体絶命のピンチなのに、媚びたような裏声でピーチクパーチクする女優たち。
ベッタベタな傲慢悪役軍人演技の、進駐軍。
絵に描いたような小憎らしい演技の、塩専売局職員と新聞記者。
ギャースカ怒鳴るしか芸がないロリメン。

赤ん坊の源ちゃんは人気あるって?
そんなもん、演技力を封じられた成人俳優とは違い、魔の演技指導を受けずに済む赤子だからでしょう。

本作の演技指導が壊滅的であるのは、彼ら自身のせいではないかもしれません。

「本物の経産婦の出産シーンが見どころ!」
「現役ママさんの抱っこ上手でしょお~」
とまぁ、こんな、演技論がゼロのもとで作っていたら、まともなドラマになんかなりません。

もう、何度も言及して来ましたが、戦略が間違っていたらいくら戦術でカバーしようたって無理なのです。

だって視聴者のこともバカにしているでしょ?
「見て3秒でわかる悪役にしないとダメだよね」と言わんばかりの連中ばかり出しちゃって、はぁ……。

同じような尋問場面を15分内で繰り返す必要ありましたか?
時間稼ぎが露骨です。

【56話の視聴率は20.6%でした】

スポンサーリンク

克子は鈴を小馬鹿にし過ぎではなかろうか

はい、ダメ出しの次は本編へ。

克子と忠彦がやって来ました。
突っ込んだら負けだとはわかっています。それでも突っ込ませてください。

克子夫妻とたちばな塩業の距離感が、毎回ブレブレ。
あっという間に駆けつける時もありますが、今回は昼間に報告を受けたのに、夜間にたどり着いているような映し方です。

時間差がわかる照明もない。
これはきっちりと設定を決めて、制作チーム内で共有していない証拠でしょう!!

まったくもって出てくるだけでうんざりさせられる二人です。
克子は、重労働に耐える母親の鈴を気遣うどころか、毎回彼女の愚痴に対して冷たい突き放しっぷりを見せつけるだけ。鈴がトラブルメーカーというより、彼女の性格が悪く見えてしまいます。

忠彦が無能なネトゲ廃人であることは今更説明したくありませんが、そんなネトゲ廃人以下の情報網しか持っていないと判明する立花家御一行です。

新聞であそこまで大々的に報道された【マッカーサー暗殺未遂事件】なのに、忠彦に聞くまで初耳でした〜みたいな顔して一般常識が欠如してませんか?

「どうせ視聴者は知らんでしょ」とか思ってたんだろうなぁ。上から目線で教えてやるわ感が漂って辛いです。偉そうにドヤ顔してお披露目するのではなく、さらりとプロットに練りこんでよ!

スポンサーリンク

経営者は新聞に目を通してこそ

でもこれ、既視感あるんですよ。

餓死した裁判官の話を聞いている萬平と世良もそうでしたね。
そんな世良でも新聞を読む場面があったことに、笑ってしまいます。

今はネット全盛期ですから、新聞の重要性も低下しています。
しかし昭和の頃となれば、できる経営者は新聞に目を通してこそ。昭和が舞台のお話だと、お父さんが難しい顔をして新聞を広げている様子がお約束じゃないですか。

立花萬平は新聞すらろくに目を通していない、非常識な経営者だったということです。
世間の観察をできていませんし、仕事場の把握もできていない。

こういうダメさ加減が、事態を悪化させています。
マトメてみました。

・世良をかばう
→恩義のある世良をかばうことで、人情味アピールしているのかもしれませんが、逆効果です。中抜きの件もありますし、こいつは結局、下にいる従業員よりも世良をかばうクズ仲間なのか?という確信が増すばかり。かばった意味もなく、あっさりバレてるしさぁ。

・管理不足
→そもそも、立花萬平が物品管理をきちんとしていれば、手榴弾なんてアッサリ届け出て終わり。マッカーサー暗殺未遂事件の時点で、この倉庫は陸軍のものだったのだから危ない事くらい気づきなさいって。

・ブラック経営者であることが全て悪い
→本日数少ない名場面は【従業員が社長が悪いと責め立てるところ】でした。その通りです! 給料据え置きで新業務を増やし、食料は自分でとってこいと丸投げしたらそりゃそうなるでしょ。神部あたりの口ぶりからすると、そんな酷使にも関わらず「愚連隊に入るよりマシだろ」と恩を着せていた模様。最悪の経営者です!!

スポンサーリンク

福子はダネイホン業務を全く知らず?

そして、福子が業務を把握していないのもかなり痛打です。

今週はどうやら、夫の不在でも頑張る福子の活躍にしたいようです。
しかし、昨日の回で英語スキルを生かすこともなくヒーヒーしていた時点で絶望的。

ホテル業務から離れたもん、という割には『りんごの唄』を英訳して歌っていましたよね?

あれはものすごく難しいことです。
意味だけではなく、メロディに乗せることを考えて、しかも歌うんですから。
ホテル業務の英会話で太刀打ちするのは相当難しいんですよ!

そこまでできるのに、なんで「やめて!(ノー!)」すら英語で叫べないの?
咄嗟だから出ないっていうレベルじゃないでしょう。

そして今日は、ダネイホンの瓶詰めもできずに納品に苦労しておきながら、ダネイホンを鈴と克子に一から作らせるというムチャクチャな展開。
業務として、明らかにおかしい。

素人がいきなりできるもの?
福子は、仕事内容を全く把握してなかったんでしょうか。

会社勤めならともかく、このような経営形態なら「いざという時」に備えて、もっと把握していてもよさそうなものです。
しかし、その気配は皆無。

彼女が無能であるという予感は、ホテル時代からありました。
セクシー拷問で誤魔化した前回の憲兵隊逮捕だって、福子はギャーギャー泣きわめいていただけです。

結局、彼女の力で解決できたことって全然ないんですよ。

まあ、そんなもん、OPの時点でわかっていました。

あの歌詞をよく聞いていくと、年がら年中、年間トータルこんなにダーリンの喜怒哀楽によりそう私ってすごぉ〜〜い! という、能天気で馬鹿げた自賛が出てきます。

つまり福子ちゃんのようなヒロインは、自分の頭で考えることは出来ない。
ダーリンによりそってベタベタすることがえらくて最高だ、そう言いたいのです。
無能に決まっているでしょ、こんなの。

「金髪の白人に生まれていれば」って酷すぎるよ……

突っ込む気力も尽きてきそうですが、もうひとつ。
日系人描写の雑なことよ!

【人種差別するアメリカの白人社会で疲れ切っていた日系人が、情にあつい日本人のおかげで愛に目覚める】
そんな道筋がうっすら見えてきましたね。

「金髪の白人に生まれていればよかった」

こんな浅くて薄っぺらいセリフ、よく脚本が通りましたね。あまりに説明的過ぎて驚いています。
どうせ白人になれなかったチャーリーの苦悩を、神部あたりがホイホイ癒すわけでしょ?

ちなみに、「アメリカの白人=金髪」という思い込みというか偏見ど真ん中は、日本人あるあるネタで、あちらではうっすらバカにすらされております。

よくもこんなセリフ書いたなあ。
そもそもコーカソイドだって、金髪は少数。金髪が多い地域って北欧とかそのくらいだから!(続きは次ページへ)

色白金髪ならば君はアメリカ人だ:格闘ゲームに登場する“ステレオタイプ”なアメリカ人ファイターのデザイン6選!

スポンサーリンク

※『ゲーム・オブ・スローンズ』において金髪が特徴のラニスター家ですが、地毛までブロンドなのは北欧デンマーク出身ニコライ・コスター=ワルドーのジェイミーあたり、むしろ少数です

7 Comments

小原正靖

大阪兵庫のみ喜ぶドラマ作り続けるのに無理あり 再来年から名古屋制作にしたら 豊臣秀吉愛知県名古屋出身 大阪夏の陣豊臣方の比喩同意します

羅蜜王

福子が三田村会長に最初に相談していない事に問題あり。
三田村会長は新聞報道でたちばな塩業の事件を知ることになった。
これは出資者としては主題歌にもあるように青天の霹靂。
すぐさま、たちばな塩業に電話して福子に事情を聞く必要がある。
このままでは自分のところに火の粉が飛んでくる可能性が高いからである。
なぜGHQが萬平のところに来たのかの事実確認である。
福子は知っていることを全て説明しなければならない。
何がどうなってるかわかりません、じゃ済まない。
しかし、GHQの三田村会長への事情聴取は免れないだろう。
大スキャンダルである。三田村会長は萬平に資金提供した経緯を説明しなければならない。三田村会長は激怒することだろう。
福子は土下座しても足りない。
三田村会長はその座を追いやられる羽目になりかねない。

ある意味面白い展開である。ドラマらしいワクワクするストーリーになるはずだが、朝ドラ向けではないので、適当にふざけた展開の御都合主義で片付けられそうですね。

かなた

卓抜した才能(しかも超高評価)を主役から外すという恐るべき前歴のある局なので、
圧力さえあれば制作陣一掃すら不可能ではないかも。
でもまあ圧力とかのお下品をやらかしそうな層への媚び必死な内容だから無理、ですねきっと。

今日は辛かったな。ほんと辛かったです。
貴記事&みなさんのコメントを二度読み三度読みして人心地(笑)
いつも上質の分析をありがとうございます。

塩ラーメン好き。

製作陣は、おんぶで子育てしつつ
家事労働した時代を知らないんですかね。生まれてないから描けない?
今の二十代は、おんぶで育った子達も結構いるのになぁ。

匿名

大坂夏の陣、本当にぴったりの表現で、拍手してしまいました。
総大将の戦略の元にに戦い抜く、総大将が批判をしょって立つ、という点では「半分、青い」は実に見事だったと改めて感じます。北川さん、炎上をものともせず、ぶれること無くしょって立たれていたなあ、と。

「まんぷく」はもうグダグダで、本筋がチキンラーメンだったことも忘れてしまいそう。これからどこへ行くのか、見届ける根気が続かなそうです…。

匿名

大坂夏の陣といえば、永野芽郁さんが千姫役で真田丸に出ていたなぁ、八重の桜にも出ていたなぁと関係ない事を思い出したり

ハセヒロさんや安藤さくらさんも、今回のダメージを払拭するような良いドラマに出演されることを願うばかりです……

匿ネーム

大坂夏の陣!ここまで言い得て妙の比喩ががあったでしょうか…!まさしく時代遅れのBK…激しく同意!コメント欄の皆さんのコメントにもいつもそうだそうだと頷いています!「そう思う!」ボタンが欲しいです!!
今日ほど人手が足りない日はないはずなのに、相変わらずの抱っこ。最後もこれ見よがしに赤ん坊の顔をインサート。背中におぶって作業できないのかと、イライラしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA