まんぷく 25話 感想あらすじ視聴率(10/29)私の周りがお腹いっぱいならOKなの?

おはようございます。今日の朝ドラニュースです。

【18年7月期ドラマ賞】朝ドラ『半分、青い。』永野芽郁が主演女優賞 “共感呼ばないヒロイン”を好演 | ORICON NEWS

「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」助演男優賞に佐藤健 『半分、青い。』など評価|ニフティニュース

永野芽郁さん、佐藤健さん、おめでとうございます!
賞に値する熱演。
素晴らしい結果ですね!!

それだけじゃありません。

NHKの朝ドラ『半分、青い。』ロケ地に観光客が殺到 昨年比で約5・8倍の人手の場所も – (1/1)|ニフティニュース

こちらも良き反響があるようで。
実は私も、五平餅食べ歩きのため岐阜へ行く構想は練ってるんですよね。岐阜県、待っていてくれー!

あ、本作へ行ってみましょう!

【25話の視聴率は23.0%でした】

スポンサーリンク

『まんぷく』が外国製作だったら?

本作も、まずはニュースを一つ。

野生のクルミ71個を盗んだ疑い 容疑者「何が悪い」(朝日新聞デジタル)

何かと思えば?

他人が所有する雑木林から野生のクルミを盗んだとして、神奈川県警津久井署は17日、相模原市中央区の無職の男(38)を窃盗容疑で現行犯逮捕した。「地球に生えているものを採って何が悪い」と容疑を否認しているという。

あれ?
なんかどっかで見たような展開のような……。

そうそう。
今朝、別のニュースを見ていて『ほほう』と思ったんですけど、習近平国家主席が日中会談の席で先の大戦についてコメントしたそうです。

そこでは、中国人はもちろんのこと、日本人も深刻な被害を受けたと述べておりましてね。
まぁ、中国も抗日ドラマが最近問題になっているそうです。抗日だと当局の目がゆるいという点につけこんで、制作側の実験場と化し、超能力めいたカンフーで日本兵相手に無双をするようなドラマが出て来ちゃったそうでね。

そこで最近は、抗日ドラマだからといって歴史考証無視したらアカン!とストップがかかるそうそうです。

これ、韓国もそうなんですけど。中国語圏の映画作品でも、歴史ものは最近時代考証において進歩して来ておりまして。
最近の作品ですら悪く語る人は、70年代のカンフー映画の日本描写を見たらひっくり返るんではないでしょうか。
本当にシャレになってないんですよ、あのころの作品は!

※かつては台湾出身のジミー・ウォングさんが、日本人不死身の妖婆と戦っていた……

中国で、今回の朝ドラ題材をドラマにしたって、日本人の被害をここまで薄っぺらくすることはしないと思いますよ。

というか、もしも『まんぷく』が外国製作だったらどう思います?
日本人はあの戦争でノホホンとしていました、と言われてどう思います?

それがなぜ、NHK朝ドラの時代モノだと、
「ほっこりきゅんきゅん安心感! 息を深く吸って見れば本作の素晴らしさがわかります!」
ってことになるんでしょうか。

意味がわかりません。
お百度参りでもすればわかるようになる?

スポンサーリンク

原爆投下も言及せず

さて、今朝もキャピキャピナレーションで、原爆投下すら言及せずに終戦です。
外国人タレントが、真偽もわからないまま原爆美化服を着用したなんて大騒ぎになったりしてますけど、この原爆すっ飛ばしはどうなんですかね?

ここで、今まで映像化された中で一番お粗末な玉音放送場面が入ります。

玉音放送を聞く8月15日。
ここの描き方は、一番気合いが入る所のはずです。
『カーネーション』糸子の、虚脱と安心感が入り混じった描写は素晴らしかった。

それがもう、鈴の顔だけで吐き気がこみ上げてくるほど酷い。

日本史でも屈指の重要な場面ですら、本作にかかればただの時間稼ぎです。何をどうしたら、ここまで日本人とその歴史をバカに出来るんですか?

ここで、焼け跡と化した大阪に移動。
克子も戻って来ます。子供達も元気一杯、サラサラヘアーです。

同じ頃、『火垂るの墓』のように苦労して、死んでいった孤児は大勢おります。
『カーネーション』にはそういう戦災孤児が出て来ました。

ところで、焼け跡セットもお粗末で、エキストラも少ないですね。
狭いカメラが写す範囲に雑なメイクと演技指導をしたエキストラを押し込め、誤魔化していることがはっきり見てとれる。『べっぴんさん』との違いは露骨なほどです。

現場も、イヤイヤながら最低限の労力で作っているのが伝わってきます。何があったんでしょうか。

私は、こういう露骨な手抜きをされても許せるほど、寛大な性格じゃありません。
お店に行って、インスタントラーメンを1800円で出されて満足してほっこりきゅんきゅん出来ますか?

「私は1800円のインスタントラーメンでも、喜んで食べます!」
というご意見は結構なことです。ただ、私にそんなことを求めないでください。

批判は何も産みませんよ、というアドバイスもあるそうです。
いえいえ、批判のおかげで得るものについては、通常、詳細を語られないだけで、実はあるんですよね。

まぁ、『グランド・ツアー』でも見たらいかがでしょう?
批判というか罵倒しまくりで、世界的大ヒット番組だって作れるんです。日本国内はともかく、世界はそうなっておりまして。シーズン3、楽しみだなぁ!

スポンサーリンク

仕送り無しにキレ、自分の着物は売りたくない

鈴さんは【ブケムスメプログラム】のバグ、戦争から立ち直れないモードが発動。
福子(まんぷく立花福子モデル安藤仁子)と鈴の家や立花(まんぷくモデル安藤百福)の会社は焼けております。

どうせ綺麗なまんまの克子の家に居候するだけですけどね。

しかもこのバグ仕様、忠彦実家からの仕送りがないと文句垂れるわけですよ。
日本中で戦後の苦しみで大変なんだから、そこは思いやりましょうよ。

なんでこんな、想像力も思いやりもない、わがまま放題の連中を、朝から見なくてはいけないんでしょうか。
本物の武士の娘ならば、家系図なり位牌が焼けたと嘆くでしょうに。このバカゲスプログラムは、自分がかわいそうアピールしかできないんですよ。

こんなバグプログラムだけで戦争の悲惨さを語ることができると思っているのでしょうか?

ここで、家の裏でしゃがみこむだけの福子が映り、ナレーションで知人友人も行方知れずと語られます。
福子は無能を極めているので、いつもこうやって常に家の裏で嘆くだけですね。

心配しているのであれば、張り紙をするとか、聞いて回るとか、できるじゃないですか。そういう場面を撮影する手間暇すら、惜しんでいるようです。
どこまでも省エネ。
どうせボタン連打すりゃ、皆ぞろぞろと無傷で元気そうに出てくるんでしょ。出てこなくても、すぐ忘れるんでしょ。

このあと「また、すいとんだ」と騒ぐ克子の子供たちが出てきます。
戦後の飢餓を思い出すと、この子供らにイライラして来ます。立花も、醤油をかけたらいいじゃないって、なんじゃそりゃ。

ここで、食料を得るために着物と交換しようと言い出すと、鈴がバグ満載で暴れ出します。

あの〜、鈴さん。
忠彦実家の仕送りがないことに対しては、孫が可愛くないのかって文句たれていましたよねえ。
あなたこそ、孫のために着物すら出せないほどゲスなんですか?

ここで、もし脚本に良心があれば、鈴が家宝を出してでも孫を救うと言い出し、娘が止めるはずなんですけど。
武士は武士でも、コーエーゲームなら義理1のゲスだったんですかね、この家系は。

闇市を歩く中でも、鈴のバグが酷すぎて辛いです。闇市描写がゴミすぎて『仁義なき戦い』を見返したくなって来ました。

未来人のセリフ、来た

ここで疎開先に戻り、ドヤ顔で根菜切断機を自慢する立花夫妻。

あれぇ?
【ファミコンRPG8bitクソゲーモード】モードバグったノォ?

疎開先では、食べ物が空から降ってくるから、御礼なしでゲットできるんじゃなかったんだ?

んで、このあとイチャイチャしながら、列車で戻ります。この、ロクでもないうえにロマンチックでもない、しかもこの先がうまくいくとわかりきった、未来人のような説明セリフ。
書いていて、胸が痛まないんですか?

朝ドラで実在モデルがいる話ですと、
『なんだかんだでこいつら未来に心配なんかないし、成功するとわかりきったお気楽さだよな』
と思わされるんですけど。

その最悪パターンを本作はどストレートにやってきおった!

スポンサーリンク

「戦時中の焼け跡でズタボロですけど、私のダーリンは成功するんですぅ」
仮に恋愛ゲーだとしても、こんなしょーもないイベントしか流れないやつ、売れないってば。

10 Comments

ニャオン

細かいかもしれないけど、気になったこと。
萬平さんの会社の跡も、夫婦が暮らした自宅の跡も、実家の跡も、背景が全部同じ。コンクリートの塀(壁?)がドーンと。
会社があった所はともかく、自宅も実家も日本家屋が並ぶ住宅地で、近所にビルや工場なんかあったとは思えないけど?
同じ場所で撮影してても、そうは見えないようにいくらでも作り込みようがあるでしょ。手抜きがあからさま過ぎる。現場のモチベーションが低いのかな?

choko

屋台でラーメン食べるシーン、子どもたちやお母さん、お姉さんたちのことを完全に忘れてるようで、本当に自分たちさえ良ければいいのかよと思いました。
子どもたちが靴磨きしてるのに自分たちは働かないし・・
前作の主人公が自分勝手だ何だと言われていましたが、今作の方がもっとひどいんじゃないかと・・

安田さんの件も、私もダルビッシュ投手に賛同します。自己責任と言われている意味がよく分かりませんでした。
危険な地域に取材に行く勇気がよく理解できない人がいるんですね。なんだか一部の日本人の心の貧しさを感じてしまいます・・

三流以下

演出家の方は安藤サクラのこれまでの出演作品をきっと観たことがないんでしょうね。
なぜ彼女にこんなお遊戯のような演技をさせるのか……。
あの「アア~~!!」「マンペエサアン!!」とかいう金切り声……朝からうんざりです。
鼓膜と蝸牛神経が焼き切れそうです。

あと、鈴さんが戦時中なのに太っているのはもう女優の体質のことなので百歩譲ったとして(そもそもこうやって矛盾が出る人をキャスティングしている時点で、制作側の戦時中描写への思い入れの少なさが分かりますよね)、なんでいつでもあんなにゴリゴリの濃いメイクなんでしょうね???
時代考証については単純に学がない、考える努力を怠っているという具合かと思いますけれど、役者のメイク程度の不整合も考えるに及ばないとは、いったい製作者たちは何者なんでしょうか???素人さんかな?
学生の映像制作でももうちょっと考えます。皆さん専門学校にでも入り直されたほうが良いですね。

ひろぶ

NHKと言えど、番組毎の担当者によってカラーがハッキリと違うものですね。
ドラマにしろ、ドキュメンタリーにしろ、事実考証をしっかり踏まえたものもあれば、そんな面倒は省いてってなものも。

ファンタジーを作りたいなら、それはそれで良いんです。
なぜ、そこにモデルがあり、こんな時代だと堂々公表してしまうのか。
それであれば、ちゃんと敬意を持って扱ってほしい。
人の根源である「食」。
その革命を起こしたと言っても良い、インスタントラーメンを発明された方なのに。
その出身からすでに改竄してしまい、今のところ共通して見えるのは男性であり「発明家」である事だけ。
ならば、モデルなど無くても良いのでは。
「この方をモデルとして~」と公表するからカドが立つんです。
事実、モデルが存在する事を知らず、ただ時間枠として流し見している方々は楽しんでいる様ですから。

それを、公共放送機関がするとは。
セルフチェック機能は無いんですかね。

リト

日本に亡命中の中国人の風刺漫画家さんの本(マンガ)で、抗日ドラマ
ついて書いてましたが、ある意味事実を踏まえなくても作品をつくってる
みたいですが、流石に破天荒すぎて当局が、指導してるみたいです。

最近のNHKの評価の低い大河ドラマや、朝ドラをみてると原作無視の
ファンタジーをつくりたいのかと思ってます。

とと

前作から愛と理性のあるレビューを楽しみに拝見していました。今作は予告動画で背中に鳥肌が立って以来、早々に見るのを諦めたのですが、オープニングのお遊戯会が耳から離れません。要は人工甘味料の甘さなのだと思います‥

(*^◯^*)コメントを残してもいいんだ!

11月から仕事環境が変わるので、今週から見なくなってストレスが無くなったw
しかしまあ、まんぷくって語りの芦田愛菜に対して忖度して作ってんじゃないかと思うほど考証と作り込みが浅いよね…
このまんまじゃ、1分で語られる朝ドラシリーズネタにまんぷくが加わりそうだ。

Susuka

先日、朝ドラ歴20年超の親戚と話をする機会がありました。その方は、政治にはさほど関心がなく、ネットも見ない(本作礼賛の嵐とも、本レビューとも無縁)の方です。
本作の感想を聞いていると…絶賛していました。理由を聞いてみたところ、「ストーリーに引き込まれる」とのこと。私は、「えっ、あのいい加減な脚本とわざとらしさ満載の演技がいいの?」と思ったのですが、その方はガバガバの戦時下の描写については、あまり気にしていないようです。
そして何よりも、モデルの人物が台湾系であることを知りませんでした。私が指摘すると驚いていましたが、それを批判するレビューがある(本レビューのことです)ことを知らせても、「へえ…」と、つれない反応でした。

本レビューを見ている限りでは、前作アンチがヨイショしまくってやっと持っている本作ですが、意外とこんな人もいるんだなあ、というのが驚きでしたね。無論、標本1なので統計として体をなしていないアンケートですが、武者さんが言及された「賢者」の方のように、だれもが作品の出来を厳密にチェックするわけでない、惰性で見る「枠としての」朝ドラファンも、相当数いることを改めて認識しました。また、朝ドラは大河と違って「紀行」で史実を補正する仕組みがないので、制作陣がその気になればネットを見ない層を騙し通せてしまうという怖い側面も実感しました。
因みにその親戚は、「わろてんか」は最終回まで楽しく完走(!)、「純と愛」は早々に離脱、「マッサン」は中だるみをしつつ最後まで付き合い、前作は「現代モノでややこしそうだから」という理由で1話も見ていませんでした…

匿名

とと姉ちゃんでさえ、まだマシだったかも。班長さんの演技良かったし。放映中、自分の見方が厳しすぎたかな?

門外漢

惨状を語らず玉音放送に入った時点でテレビ切ったわ…
べっぴんさんも戦中はしっかり考証してたと言うのに…
もう我慢の限界を超えて視聴する事は無くなりました
たった二年でウェルかめと純と愛レベルの糞作に堕ちるもんかなあ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA