まんぷく 53話感想あらすじ視聴率(11/30)経理と営業ぜんぜん違うで

今朝も(11/30)もニュースから。

確かに新しかった、まんぷく安藤サクラの陣痛シーン

問題があったとしか思えない福子(まんぷく立花福子モデル安藤仁子)の出産シーンについて、こう触れています。

本人が「新しい」「面白い」と自信をみせていたシーンだけにひそかに注目していたのですが、確かにリアリティーはあるけれど全体的にちょっと面白い、「まんぷく」らしい感動シーンでほっこりしました。

こういうニュースを見ていると確信します。

私が指摘してきた、
【想定視聴者のペルソナ誤解】
の臭いがプンプン。

スポーツ紙の購読者は、基本的に男性が中心でしょう。
本ニュースを読んで
『ほうほう、リアルな経産婦陣痛かあ、なるほどねえ〜』
と思うかもしれない。

しかし、本サイトに寄せられた意見や、他のレビューサイトでは、
「公開出産、ゾッとした……」
という女性の声が少なくなかったようです。

そりゃあそうでしょう。
ギラギラした若い衆たちが間近で出産を待ち構えているなんて、どう考えたって落ち着けない。
もう、完全に朝ドラ見る層を間違っている証拠ではないでしょうか。

【53話の視聴率は21.9%でした】

スポンサーリンク

褌尻無双はもうエエって

次のニュースはこちら。

「まんぷく」14人の男衆・塩軍団の“お塩メン”人気ツートップとは?

「世の中にはジャニーズ系のツルツルしたキレイ系男子が好きな女性ばかりではありません。ふんどしを締め、無精ひげを生やし、汗水を垂らしながら労働に精を出す武骨系男子を好きな女性も数多く存在します。特に腐女子と呼ばれるボーイズラブに萌える女性や、そうした腐女子要素を持つ女性にとって塩軍団は大好物。広島弁がクールな森本元を演じる毎熊克哉と松葉杖さばきが見事と話題の赤津裕次郎を演じる永沼伊久也は、腐女子系女性の人気ツートップと言えるでしょう。また、白いランニング姿に丸メガネをかけ、タカ(岸井ゆきの)に恋をしている小松原完二を演じる前原滉も、11月21日放送の『獣になれない私たち』(日本テレビ系)で田中圭扮する京谷の父の若い頃を演じ、『素朴な笑顔に癒される』とサブカル好きな女性から注目が集まっているようです」(女性誌記者)

塩メンどころか、ロリメンたちの人気なんてどうでもえーわ。
って、全員がロリコンではありませんね。

にしても、あのドン引きものの【褌尻無双】は、やはりセクシー路線狙いだと他の方にも思われているんですね。

勘弁して欲しい。
朝からそんなもん見たないっちゅーねん。

もしも、それを楽しみにされる方がいるとしたら、スマホに保存した画像なり、どっかのサイトなりでいくらでも見られるでしょ。
少なくとも朝ドラでやる必要性は感じられません。そして、こう言いたい。

「せわぁない」

なんだこの『花燃ゆ』の黒歴史「俺ら松下村塾メン!」の再来は。
あの痛々しい画像、さらには公式サイトで「推しMEN診断」なるコーナーを設置していた悪夢が甦ります。

花燃ゆ感想マンガ28回「泣かない女」新章大奥編突入でも相変わらず

「女なんてイケメンホイホイすれば簡単に釣れるでしょ♪」

そんな路線は、イケメンだのBLだのを懲りずに推している『西郷どん』でも大失敗しているじゃないですか。
なのになぜ、そんな自爆装置を朝ドラに持ち込むんだろう。

あさが来た』におけるディーン・フジオカさんが受けたのは、量より質です。
五代様はワンアンドオンリー。
たちばな塩ショッカーのモブとはワケが違うんですよ、ワケが。

どうしちゃったの、NHK大阪さん。

もう一つだけ。
コチラに面白ニュースがありました。

離婚した元貴乃花親方と景子さんに「まるで『まんぷく』の萬平と福子」の声!

その内容がもう身も蓋もありませんでして。

「『栄養食品開発のことしか頭にない萬平さんと相撲しか頭にない元貴乃花親方は驚くほどそっくり』
『景子夫人と福子(安藤サクラ)が重なる。きっと景子さんもいい女将さんだったんだろうな』
『のめり込んだらそれしか見えなくなる夫を持つ妻は、福子も景子さんも大変だよね』
『手に職のある妻は暴走夫と別れて当然』
など、ヒロインの福子と夫の萬平の関係性が花田氏と景子さんの関係にそっくりだと指摘。
さらには離婚にも納得との声があがっています」

おい、おいおいおいw

萬平(まんぷくモデル安藤百福)、完全にヤバイやつ扱いじゃん。
現実社会で離婚したカップルにそっくりと言われるって、なんだか凄いよなぁ。

スポンサーリンク

現役ママの抱っこは上手でしょ♪

はい、本編です。
ダネイホンが完成しました。

ところでこの作品、異常なまでに源を見せびらかすように福子が抱いておりますが、なんで、おんぶはしないんですかね。

抱っこしていると思うように家事ができません。
このへんが、実に、
「現役ママの抱っこは上手でしょ♪」
という見世物感があってうんざりゲンナリ要素です。

それにしても、瓶詰めにされてる状態からして全く美味そうには見えないダネイホン。
克子の子供もまずいと言い切っています。

そりゃそうでしょ。
牛骨とワカメがベースですからね。
試食の時からダメ出しされていたのに、結局、味の改善をしてなかったんじゃん。
萬平って、どうして人の意見を聞き入れないのでしょうか。

スモモだって、そもそも通年で収穫できるものでもないですし、甘みも強いとは言えません。
ハチミツ等もっとマシなものがありそうです(どれが美味しくなるか難しそうですが)。

スポンサーリンク

高い、まずい、まったく売れない

ダネイホンの売り出しが始まります。

高い。
まずい。
だから、まったく売れない。

神部に対し「栄養がある」というアピールしかできない萬平が、あまりに無能すぎて笑いすら込み上げてきます。

しかも、不機嫌そうに電話を切るってのもなぁ。
福子も信者っぷりを発揮するだけで、なんだか絶対に近よりたくない夫婦です。

二人とも性格があまりよろしくない。
母親相手に、あんなキンキン声で話を遮る福子ってなんなんですかね。
しかも鈴の発言のほうが最近はマトモです。

萬平は、出資者の三田村のところへ向かいました。
結局は、三田村に報告する都合があるから急いで作らせたようにも思えてきます。

スポンサーリンク

仕上がりにトコトンこだわる科学者魂とか発明者気質ってのは持ち合わせていない。かといってコスト感覚に優れているワケじゃない(続きは次のページへ)。

1 Comment

かなた

観てないだけかもしれませんが、まだのような気がするので、今度こそ真一さんの夢に現れておもしろ解法を示唆する展開を期待。
現実の方も人がいなくなったり来なかったり居場所がおかしかったりいろいろ破綻してるので、問題なくイケると思います(^^)

史実をないがしろにする人って、同じテンションで弱いものや生命をないがしろにしますねえ。
悲しくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA