まんぷく 65話 感想あらすじ視聴率(12/14)ラーメン考証ずっとザル

『まんぷく』のTwitter公式アカウントから、こんな投稿が出ておりました。

ダネイホンスーツって、まぁ、どう見ても「くいだおれ人形(くいだおれ太郎)」ですよね。

なんなんでしょう。
大阪っぽくて面白いでしょってこと?

もちろん許可とか貰っていらっしゃるのでしょうから、私ども外野があーだこーだ言うことじゃないんですが、大阪の食のシンボルみたいな存在だけに外から見ていても気になってしまいます。

万が一にも、
「くいだおれ人形の衣装は、ダネイホンスーツだよ!」
なんて勘違いされる方がいないように願うところ。

なんせ本作は、萬平(まんぷくモデル安藤百福)の台湾ルーツも平気で削除するぐらいですし、電気は盗むし、塩の売上も缶詰も盗むし、ワカメ収穫に漁業権を得ているのかも不明ですし、モラルにかけては相当な作品ですので少し心配になりました。

【65話の視聴率は21.3%でした】

スポンサーリンク

せっかくの見どころ あっという間に通過

はい、今朝はここから。
制作チームにこう言いたい。

「脚本家さんが単独か、複数か、もう詮索するのもあほらし。どうでもエエわ。ただし! 作風くらい統一しましょう!!」
コレな!

ここのところ立て続けに一気にコトが進められていきました。

・宣伝戦略
・味と原材料変更
・パッケージ刷新
・東京進出
・従業員を夜学に通わせる
・デパート納品
・大病院納品と全国展開
・類似粗悪品の駆逐

上記の全ては、本来、簡単なことではありません。
これをビシッと描いてこそ、その興亡を追いかけてこそ、ビジネスを描く絶好のチャンスではないですか!

そういう大事なところを3分程度でおさめるって……。

まさか、本作のチキンラーメン推しって、
「お湯をかければ三分でラーメンが食べられるし、放送時間三分で大成功ぉおぉ〜!」
ってこと? ははっ、まさかねえ。

スポンサーリンク

モデルを使えばいいじゃんか

数少ないビジネスの盛り上げポイント。
それは、あのしょうもなくてダサい広告戦略です。

萬平が辛気くさい顔にダネイホンスーツを着るか、それとも鈴を起用するか。
心の底からどうでもエエ。

モデルを雇用せんかい!
以上です。

ビジネスはそれこそインスタント仕上げなのに、ロリコン神部とタカの恋愛は盛り上がるポイントにしたいようです。

先週のGHQ収監編では、むさくるしいロリメンどもがずっと出ておりました。
あのダラダラ展開に意味があるのかと呆れておりましたが、それでもこんな擁護がありました。

「これは男性脚本家の、男ドラマだからこれでいいんだ!」

先週はそれでよいとして、今週、男である萬平の見せ場がありそうなのに、萬平はほぼ何もしていない。
机の前で不機嫌そうな顔をして、怒鳴りつけたり、文句垂れたりしているだけです。

じゃあ誰が活躍するかって?
中抜き世良です。

出ました、
【ぜんぶ世良におまかせシステム】
でバッチリね♪

スポンサーリンク

ぜんぶ世良任せ! もう世良が主役じゃん

広告宣伝戦略を打つのも、類似品をくだらないヤクザ口調で駆逐するのも世良です。

ボタン連打で世良が出てくるシステム。
もう世良が主役でエエわ。

この世良って実に便利なんですよね。
あのヤクザまがいの恫喝だって、やっていることはバカとゲスの極みですよ。

暴力を肯定したいんですかね。さすが盗電を正統化する極悪非道ドラマは違います。

パクる連中は確信犯なんだから、あんなバカみたいな単純な手段で解決も何にもないっての。主張の仕方が間違っている。

それでもどうせSNSには、
「世良がヤクザみたいで受けるぅ〜!」
「オドオド真一さんかわいい〜」
みたいな投稿が流れるんでしょ? んで、それがネットニュースで拾われるかもしれないんでしょう?

複雑なプロットを追いかけるだけの気力がなくて、ダラダラと受け狙いを見たいだけの、そんな層には合致するドラマだと思いますよ。そこと合致することだけを狙ってどうするのか、って話ではあるわけですが。

そもそもこのパクリ話はチキンラーメンの時に起こった話ですよね?

史実の栄養食品は泣かず飛ばず。
それをここでやって、チキンラーメンでももう一度やるってか? ったく、何度も何度も同じ展開を繰り返すのが本当に好きですよね。

50前後で成功して何が悪いんだ?

そうそう。
ダネイホンをイージーイージーで売れさせちゃったからこそ、台無しになった要素もあるんですよ。

安藤百福は、それまで鳴かず飛ばずであったのに、50目前にチキンラーメンを生み出すことになった。

そういう遅咲きこそ、彼の持ち味なんです。
そういう人生の持ち味を消してどうする!

『真田丸』の真田信繁にも、そういう部分があった。
若くして豊臣政権に取り立てられてはいるものの、城も持たない。父のあとをついてゆくばかりで、兄のように大名になれたわけでもない。

そんな何も持たない男が、老境にさしかかりながら、乾坤一擲の勝負を懸けて大坂で輝く!
そういう彼の人生を、きっちり描いたわけじゃないですか。

あのドラマで、信繁の挫折をガン無視して、若いころからキラキライケメンスーパースターにしたら、どんだけクソだったか。想像してみてくださいよ。

まるで『三国志』の老将・黄忠を若くてキラキラしたイケメンにするとかと同じでしょうに。

人間っていうのは50前後で成功してもいいじゃないですか。

そういう意外性と多様性。
いくつになってもチャレンジし続ける――そんな要素が安藤百福氏の人生であり魅力でしょ?

まぁ、彼の多様性である台湾ルーツを消した時点で、本作にそんなもん求めるこちらがバカなのかもしれませんけど、そんなのそびえたつクソの塊じゃないですか。
『聖闘士星矢』でアンドロメダ瞬が女になるとか、そんなレベルじゃない。
本作がやらかしているのは、そういうことです。

スポンサーリンク

聖闘士星矢の「瞬」を女にしたNetflixの波紋 アンドロメダ瞬の女性化はビジネスのためだ | 映画・音楽 – 東洋経済オンライン

7 Comments

めちゃくちゃ

本日の放送もめちゃくちゃでした。
そもそも奨学金を給料と見なすために脱税となった程度で軍事裁判って・・・・
で、社長(旦那)が獄中にあるのに奥様と社員が中華料理屋で宴会です。
しかも料理食べて奥様が「おいしい」と満面の笑顔で・・・・
強制労働させられている旦那は、フォークリフト用のパレットをつくっていました。
描いているのはいつの時代なんでしょう?
考証って言葉はどこかに行ってしまったんでしょうね。

重航空巡洋艦

『まれ』『わろてんか』をも凌ぐ出来の悪さ・くだらなさ。
その点からすれば、打ち切りにしてしまっても何も問題はないかもしれないようにも思えるが。
しかし、朝ドラ史上稀有の、不名誉極まる「打ち切り」という事態になったとき、世間はこぞって全ての原因を出演者になすりつけようとするであろうことは、火を見るより明らか。やれ容姿がどうだの、独身者でないからどうだのと、的外れな非難があふれかえる様が容易に想像され得る。
今作の場合、原因は全てNHK大阪の制作陣、脚本担当等にあるのは、これまでレビューで述べられ続けてきたとおりなのに。
そうなると、「真の悪は出演者非難の騒動に隠れて知らん顔」となってしまう。
ならば、「打ち切り」は良いとは言えまい。
まあ、今のNHKに、「打ち切り」の決断などできる筈もなかろうけど。
ならむしろ、今のままダラダラ続けさせ、こちらのレビュー等で問題点を繰り返し明らかにし続けるのが良いだろう。
必ず人の目には触れるし、少なくとも、本来「被害者」である筈の出演者が不当に貶められる事態は避けられる。

むらたやむつお

ごめんなさい、
「視聴前」です。
訂正します。

むらた

武者さん初めまして。
あさが来た』以来の朝ドラとして『まんぷく』を見ている者です。
今となっては一体何を期待して見始めたのか分からないのですが(『八重の桜』が好きだったので尚之助様を求めていたのかも知れない)、鈴さん家出週で完全に心が折れました。しかしその後も鈴さんに対する作品のスタンスは変わらず、ギャグパートと化し、笑えない私は真面目に心折れてアホでしたとしか言いようがありません。
試聴前に武者さんの厳しい見解は読んでおりました(台湾ルーツの消失)。考えさせられ納得の指摘でしたが、慌てて決めつけることもないだろうと楽観視しておりました。忠告は聞いておくべきでした。
 ところでこちらのサイトを知ったきっかけは『西郷どん』(が面白くなかったから)です。大河ドラマは習慣なので面白くなくても最後まで見ますが、唯一途中離脱したのが『花燃ゆ』でした(不快だった)。当時武者さんのレビューを知っていたら続けて見ていたかも知れません。
『まんぷく』も武者さんのレビュー(問題提起)が続く限り見て、純粋に楽しむのは『あさが来た』に譲ります。
『あさが来た』はほんとに楽しかった。ドラマが終わってロケ地の近江八幡へ行ったんです。はつさんお嫁入りのシーンはここだったんだとめちゃくちゃ感激しました。
そして再放送では自分が実際見てきたお堀が画面に映し出されると、あさちゃんがお姉ちゃんを追って走った堀沿いの細い通路を私も歩いたよ!!と再び感動して胸があつくなりました。
本放送当時は知らなかったので、再放送にあわせてレビューも楽しく拝読しております。アップ待ってます。
長くなりました。

 では武者さん、どうぞくれぐれもお体に気をつけてお過ごしください。

雨音は諸般のしらべえ

「紛らわしい名称の偽物が現れる」…『べっぴんさん』では、きっちり描かれていました。
今日はこの作品でもそんなシーンが出てきたものの、比較にならないくだらなさ。
まさに、「『偽物騒動』の偽物、まがい物」ということか?

まゆみ

てるてる家族でチキンラーメン出てきて良かったな。

匿名

今日のヤフーニュースでちょっと批判的な記事が出ていて、それが朝日系のものでした。コメント欄に記事の内容よりも朝日由来を叩き、反日よばわりするコメントが散見しています。
現政権がらみの記事へのコメント欄を彷彿させる辺りで、まんぷくの評価は歪められていることを確信しました。
なるほど、中国由来を消したいわけだ。

もちろん、中には純粋に楽しんでいる方もいるとは思いますので、そこを否定する気はありません。

朝ドラを見たことがない脚本家が持つ朝ドライメージで作られた物を、王道と呼ぶ浅はかさ。
深く考えずに見たくても、不愉快にしかならないこのドラマを許容して心から(ネタではなく)面白がれる人とは、たぶんわかりあえないんだろうな、と私個人は感じています。
まあ、わかりあいたいとも思わないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA